干支別・男子が実は「会いたい」と思っているLINE

記事提供:愛カツ

女子同士でやりとりするLINEとは全く違う、男子とのLINEのやりとり。

お互いにいまいち行間の読み取り方が違い、会いたいの会いたくないの? とモヤモヤしている人も多いのではないでしょうか。

男性の干支別に、彼があなたに会いたいと思っているときに送ってくるLINEの内容や、LINEの仕方を占います。

干支別会いたいLINE

●子年生まれ…スケジュールを詰めていく

「今忙しい?」からはじまる彼。

「再来週の夜はひと仕事終わってるみたいだね」「僕も再来週は空いてるんだ」と、自分のスケジュールも織り交ぜながらLINEのやり取りを進めていきます。

気が付くと、会う日が決まっているでしょう。

●丑年生まれ…ストレートに「会いたい」

生マジメさが魅力の丑年男子なので「会いたいんだけど、いつなら会ってもらえるかな?」と、マジメでストレートなLINEを送ってきます。

自分の都合を押し付けるのではなく、まずは女子の都合を聞いてくれる優しい人です。

干支別・会いたいLINE

●寅年生まれ…胸キュンなLINE

「なんか、急にどうしてるかなって思っちゃって」と、情熱があふれて思わずLINEをしてしまった!?という胸キュンなLINEが、寅年男子が会いたいサイン。

実際に会っていない分、ロマンティックな妄想が膨らみやすい性格なのです。

●卯年生まれ…イベント情報

「このイベント面白そうなんだよねー」と人ごとのような内容ですが、一緒に行きたくてたまらない気持ちが入っています。

イベントはあまり長期間開催していないものが多いので、会うなら早く会いたい兎年男子の必須LINEなのです。

●辰年生まれ…飲んで送るLINE

ストレートな性格ですが、恋愛には奥手な辰年男子。

そもそも普段のLINEはそっけなく、LINE自体もあまりしない感じですが、お酒の力を借りるとそれも可能に。

居酒屋やお酒の席から送ってるな~的な支離滅裂LINEは、彼の会いたい気持ちなのです。

●巳年生まれ…何度も来る

執着心の強い巳年男子。用がなくても、好きな女子とコンタクトを取りたくて仕方がありません。

粘着質ぎみに続けて何度もLINEしてきたら、それが会いたいサインです。ランチレポのような意味のない内容でも、面倒がらず返してあげて。

●午年生まれ…いつもよりも長文

大ざっぱな性格の午年男子は、LINEも大ざっぱ! 基本、単語か短い文章だけで、意味がわからないことも多々あります。

しかし、多少意味不明でもいつもよりも長文だったら、言いたいことがあるから会いたいんだというサインです。

干支別・会いたい

●未年生まれ…返信しやすい時間帯

わざわざ会って人の時間をもらうことにびくびくしがちなのが、未年男子。

相手が女性なら、なおさらそう思います。でも会いたい……という時は、女子側が返信しやすい時間帯を狙ってLINEしてきます。

LINEの内容は他愛ないものでしょう。

●申年生まれ…ファッションネタ

プライドが高くて、直球で「会いたい」とはなかなか言わない申年男子。

自分がファッションにこだわりを持っていて関心が高いことは周知させているので、女性のファッションや持ち物についての質問や感想のLINEは会いたいのサインです。

干支別・会いたい

●酉年生まれ…スタンプや絵文字の使用

クールで無駄なことはしない酉年男子。

いつものLINEは簡潔で事務的です。しかし、いつもよりもスタンプや絵文字が多い、というかスタンプや絵文字を使ってきたら、会いたいという気持ちが高まっているサインと思っていいでしょう。

●戌年生まれ…仕事の悩み

生マジメに社会人生活を送る戌年男子。

仕事のグチを抱えていても、立場や肩書が邪魔してなかなかグチれません。

「仕事が大変」「仕事で悩みがあるんだよ」とLINEにあったら、会って愚痴りたいのサインといえるでしょう。

●亥年生まれ…近況や予定を聞くLINE

自分に素直な亥年男子。

「最近どこか出かけた?」「何かおもしろいことあった?」「明日予定ある?」と根掘り葉掘り近況や予定を聞いてきたら、そろそろ会って話をしたいんだということ。

寂しくなっちゃっているようなので、会ってあげて。

さいごに

直接「会いたい」と言ってくる場合も多いでしょうが、ストレートに言うのが恥ずかしい男子も多いのです。

LINEのやり取りから、彼の気持ちを汲み取る参考にしてみてください。

(星谷礼香/占い師)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - 干支別・男子が実は「会いたい」と思っているLINE
今読んだ記事

干支別・男子が実は「会いたい」と思っているLINE

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事