胸キュン!男友達に恋心が芽生えた瞬間3つ

記事提供:愛カツ

幼なじみでただの友達だと思っていたのに、気づいたら好きになっていた……。そんな少女漫画のような展開って案外日常にあるものです。

今までただの男友達でしかなかった彼が、どういう瞬間で好きな男性に変わったのでしょう?

男友達に「好き」を意識した瞬間を紹介します。

男友達に恋

たくましい男性に変わっていたとき

幼なじみや小さいころから知っている男友達については、意外と子どもの頃の頼りない部分ばかり覚えているものです。

「そういえば、体育の時間に跳び箱飛べなくて泣いていたな」「給食でトマトが食べられなくて先生に居残りさせられていた」なんて、幼いころの記憶に引きずられ、自分の彼氏候補に上るような視点でみていないもの。

しかし、人は成長するんですね。あの時、いまいちパッとしなかった男友達のひとりだった子が、いつの間にかたくましい男性に変化していることがあります。

パリッとスーツを着て、有名な会社で働いていたり、外国語を駆使して仕事をしている姿を見たり。そんな男性らしい姿にかっこいい、素敵と感じた瞬間こそ、ただの男友達が好きな男性に変わる瞬間です。

本気で心配してくれたとき

いつもグループで群れていると、自分をとりまく数人以外は意外と視界に入っていないもの。しかし、そんな外野の男性が、いきなり存在感を増した時も男友達が好きな男性に変わる瞬間といえるでしょう。

例えば、あなたの身に危険があったとき。いつもは気づけば近くにいたぐらいの男友達が、本気で心配をしてくれたらどうでしょうか?送り迎えまでしてくれるとしたら?

これはかなり存在感が増しますよね。特に意識したことはなかったけれど、こんなに頼れる男性だったんだと思った瞬間恋に落ちる可能性は大きいですよね。

ほかの女性と仲良くしているのを見たとき

意外と多いのは、男友達がほかの女性と仲良くしているときに、ただの男友達から好きな男性に変わったという声です。

どうやら、それまでは外野の一人ぐらいにしか見えてなかったのが、実際にほかの女性の前では、こんな表情をするんだ、こんなやり取りをするんだということがリアルに感じられ、気が付けば自分も好きになっていたということがあるようです。

私もこんなふうにされたいという思いかもしれませんね。

まとめ

男友達から好きな男性に昇格する瞬間は、案外長い年月の積み重ねが作り上げているものです。

よく知っている相手だからこそ、そのギャップが年齢とともにたまらなくなるのかもしれませんね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - 胸キュン!男友達に恋心が芽生えた瞬間3つ
今読んだ記事

胸キュン!男友達に恋心が芽生えた瞬間3つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事