既婚男性に聞く「僕が彼女と結婚しようと思った瞬間」

記事提供:愛カツ

「いまの彼と結婚したい。プロポーズしてくれないかな……」

そう、彼との結婚を夢見ている女性は多いでしょう。

ただ、当然ですが、結婚はひとりで決めるものではなく、ふたりで決めるもの。

だからこそ、彼が決意してくれないければ、あなたの夢を叶えることはできません。

そこで気になるのは、世の男性がいったいどんなときに結婚しようと思うのか、ということ。

今回は、既婚男性の経験談をもとに、結婚を決めたきっかけを探っていきたいと思います。

既婚男性に聞く「僕が彼女と結婚しようと思った瞬間」

一緒にくらす将来を想像できたとき

「彼女と甥っ子を会わせたとき。

たのしそうに遊んでいる姿を見て、結婚して子供ができても、一緒に暮らしていけそうだなと思った」(32歳/営業)

彼女との結婚生活をイメージできたときに、結婚を決意する男性は多いようです。

自分の両親だけでなく、親戚や友人ともいい関係を築いてくれる彼女とは、結婚しても安心できると思うのでしょう。

また、彼女が好きな料理を作ってくれたときや、いそがしいときに家事をいやがらずに片づけてくれると、

彼女と結婚すれば、しあわせな日々をすごせるだろうなと意識するようです。

彼にあなたとの結婚生活を想像させることを意識してみてください。

自分なりの節目を迎えたとき

「付き合ってもうすぐ1年というタイミングで、記念日にプロポーズしようと思った」(29歳/公務員)

彼女との交際期間が節目を迎えた際に、記念日プロポーズを決意したという既婚男性は多いようです。

自分や彼女の年齢が節目を迎えたときに結婚を決意した、という意見もありました。

そのほか、転職や昇級、転勤など仕事で転機を迎えて、結婚を具体的に意識し始めたという声も。

結婚は人生最大のイベントともいえるので、なにかしらの節目をきっかけに行動を起こす男性が多いのでしょう。

つらい出来事を乗り超えられたとき

「仕事がうまくいかなかったとき、彼女はずっと心配してくれて、『無理しないでね』と言ってくれた。

彼女がいなかったら乗り越えられなかったなと感じて、結婚しようと決めた」(30歳/システムエンジニア)

やはり、自分がつらいときに支えてくれる彼女の存在は大きいようです。

彼の仕事がうまくいっていないときは、できる限りのあたたかさをもって見守ってあげましょう。

彼が体調を崩したときは、献身的に看病をしてあげてください。

長い人生をともに歩んでいくなかでは、うまくいくことばかりではありません。

大変なときでも側にいて、支えてくれる存在だと、改めて感じてもらえることでしょう。

弱っているときは、あなたのちょっとした彼への思いやりの行動が、彼に結婚を決意させるきっかけになりますよ。

きっかけを作ってあげよう

なんとなく彼女との結婚を考えていたとしても、なかなか行動に移せないという男性は多いようです。

でも、なにかのきっかけで、結婚を決意したという既婚男性が多くみられたことも事実。

彼にきっかけを与えられると、結婚が近づくのはまちがいありません。

記念日を大切にする、あなたとずっと一緒にいたいと彼に思ってもらえるようにするなど、

彼の気持ちに寄り添うことを、日頃から心がけてみましょう。

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - 既婚男性に聞く「僕が彼女と結婚しようと思った瞬間」
今読んだ記事

既婚男性に聞く「僕が彼女と結婚しようと思った瞬間」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事