逆効果!?彼との関係が不穏なとき、やってはいけないこと

記事提供:愛カツ

別れが近いのか、たまたまタイミングが合わないのか……。

あんなにラブラブだった彼と、ケンカばかりになった経験のある人はいませんか?

しかも何とか関係回復をはかろうとあれこれ手は尽くしたのに、よりふたりの仲が悪くなってしまうことも……。

そこで今回は「彼と不穏な空気のときにやってしまうと、より墓穴を掘る結果になること」について、解決策とともにご紹介します。

やってはいけないこと

1、旅行を計画

「環境を変えれば、ふたりの関係も良くなるはず!」と、カップル間がうまくいっていないのにも関わらず、旅行を計画する人もいます。

でも交際がマンネリ化しているだけならまだしも、どちらかの熱が冷めていたり、ギクシャクしているときに旅行をしても、ケンカをするだけになってしまいます。

筆者の知り合いも冷めた彼の気持ちを取り戻そうと、海外旅行を計画したものの、直前まで冷戦状態。

現地で同じ部屋にいても、ほぼしゃべることがなかったそう。結局帰国して破局したそうです。

彼との関係を立て直したいのであれば、下手に動くのではなく、時間を置くべき。

そのほうが彼に鬱陶しいと思われずに済みます。それに本当にあなたが必要なら、彼のほうから戻ってきてくれるはずですよ。

2、ふたりのルールを作る

たとえばふたりの関係が良好なときに「1日15分電話しよう」とか、「週末はデートしよう」など、ルールを決めることは悪いことではありません。

でも彼とうまくいっていないからと、無理にルールを作っても、ただ苦痛なだけ。彼は「縛り付けられている」と感じ、より逃げ出したくなってしまいます。

ルールはお互いに好意があってこそ、はじめて受け入れられるものです。

もし彼との関係がギクシャクした場合には、逆にいまあるルールを見直したほうが良いでしょう。

「ルールなんてないよ」というカップルも、ふたりの中に「暗黙のルール」が存在する場合もあります。(たとえば帰ってきたらすぐにLINEするのが日課など……)

そういうルールを一旦解消することで、彼も純粋にあなたを好きだったころの気持ちを思い出すかもしれません。

3、ほかの男性の影をチラつかせる

最近彼がそっけないからといって、わざとヤキモチを焼かせようと、ほかの男性の影をチラつかせる人もいます。

彼との関係がうまくいっているときなら、まぁ効果的なのかもしれません。

でも彼と不穏な現段階では、ゲンメツされて終了する可能性が高いです。

彼に気にかけてほしいからと第三者を使うのではなく、まずは真正面から向き合うべき。

どうして彼とうまくいかなくなったのか、その理由を探るほうが先ですよ。

おわりに

焦ってラブラブ風を装っても、中身が空っぽでは意味がありません。一旦時間をおいて、彼に気持ちの整理をしてもらうのも方法です。

関係修復には、冷静になる時間をもつ方がきっと効果があるはずですよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - 逆効果!?彼との関係が不穏なとき、やってはいけないこと
今読んだ記事

逆効果!?彼との関係が不穏なとき、やってはいけないこと

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事