好きだから仕方がない!そう思わせる小悪魔テクニック3選

記事提供:愛カツ

男性は、ほれた女性にはめっぽう甘いものです。

本当に好きになれば、自分のことを犠牲にしてでも、あなたのことを守りたいと思うもの。

そんな男性をメロメロにさせる小悪魔になるには、どうしたらいいでしょうか?

ここでは、男性に「好きだから仕方がない」と言わせる小悪魔に変身できるテクニックをご紹介します。

好きだから仕方がない!そう思わせる小悪魔テクニック3選

ほめ上手

小悪魔のもっとも得意とするスキルは「ほめること」。

とにかく人をほめるのが好きで、いつもとちょっとちがう小物づかいや髪型にすぐ反応して、まるで呼吸するように、自然に人をほめます。

「このペン素敵ね!」「いいセンスしてるのね」「今日は髪型決まってるね」「今日も◯◯さん、爽やかで素敵!」

などなど、なにも変わったところがなくても、ちょっとのちがいを見つけてほめまくります。

人はこんなふうにほめられると、心地よく感じるもの。

そんな心地よい空間を作ってくれる人のそばには、いつも居たいと思ってしまいますよね。

そんなほめ上手な小悪魔にヨイショされれば、男性は誰でもあの子のいうことなら仕方がない!って思ってしまいます。

小悪魔は無意識に、人をよく見ているからこそできること。

気になる彼の変化なら、きっとあなたもすぐに見つけられるはずですよ。

甘え上手

小悪魔は甘え上手。誰にでもかわいく甘えることができます。

たとえば、

「今度○○に連れていってほしいなあ」「パソコンがフリーズして困ってるの。助けてほしい。」

こんな感じに、なんでも気軽にお願いできてしまいます。

ただ、これは依存ではありません。

依存してなんでもかんでもお願いというのはちょっと重いですが、小悪魔の甘え上手は、そうではありません。

ちゃんと自分の芯を持っていながら、頼るところは頼るという、しっかりしたところも持ち合わせています。

なんでもかんでも依存されると男性もひいてしまいますが、ちょうどいいところで甘えられていい顔できるなら、

男性としても「仕方ない」と嬉々と引き受けてくれるものですよ。

聞き上手

小悪魔は聞き上手でもあります。

話を聞いてもらいたい、スッキリしたいという人は多いので、聞き上手の小悪魔のまわりには、いつも人が集ってきます。

小悪魔は共感の言葉を上手につかい、相手の言葉を否定しません。

「そうだね。」「大変だったね。」って言ってもらえたら、どんどん話したくなってしまいますよね。

自分の気持ちを理解してくれる人との時間は、とても楽しいものです。

彼の話をしっかり聞いて、ときになぐさめ、はげましてあげる。

そんな小悪魔に変身できれば、きっと彼の心も引き寄せられるでしょう。

まとめ

「小悪魔的」といわれる女性には、人付き合いの秘訣があります。

リップサービスをたくさんして人をいい気分にさせたり、なぐさめたりすることで、

ときどきのワガママも、「好きだからしょうがないか」と聞いてもらえることも。

そのためにもまずは、しっかりと相手の心に向き合うことを大切にしてくださいね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - 好きだから仕方がない!そう思わせる小悪魔テクニック3選
今読んだ記事

好きだから仕方がない!そう思わせる小悪魔テクニック3選

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事