ほんのちょっとで仲が深まる!日頃から意識したいこと3つ

記事提供:愛カツ

交際年月を重ねさえすればふたりの仲が深まるかといったら、ちがいますよね。

おたがい、ある程度の積極性や工夫がなければ、仲を深めるのはむずかしいもの……。

そこで今回は、ふたりの仲を深めるために、日頃から意識したいことを3つご紹介します。

ほんのささいな心がけで、より良い関係を築いていけるんです。

ほんのちょっとで仲が深まる!日頃から意識したいこと3つ

共感を忘れない

どんなに親しい仲になっても、相手に共感する気持ちを忘れてはいけません。

交際当初は、ちいさなことでも相手の気持ちに寄り添えていたはずなのに、

たがいを理解したころから、気持ちに寄り添うのを忘れてしまったカップルは冷めていく一方でしょう。

感情を共有できない相手と一緒にいても、どこかさびしいものです。

たとえば、あなたが会社でミスして落ち込んでいるとき。

彼につらい気持ちを話しても「へー。大変だったね」と、どこか他人事で受け流されたら、よけいにつらくなりますよね。

反対に、つらい気持ちを理解してくれたり、励ましてくれたりしたら、彼のやさしさに感謝しつつ、すこし前向きにもなれるはず。

彼との仲を深めたいのなら、日頃から共感することを忘れずに。

一方的に否定はしない

付き合いも長くなっていくとトキメキもすくなくなり、つい相手の欠点が目についたり、意見のすれちがいから言い合いになることもあるでしょう。

けれど、一方的に相手をただ否定するだけなのは、よいことではありません。

否定をするなら、かならず別の案を出すなど、工夫が必要です。

否定だけはただのワガママと同じですし、

「私はこう思う」とか「二人のためにはこうしたほうがいいじゃない?」など向き合う言葉がなければ、関係は冷める一方でしょう。

だれしも、人格や意見を否定されたらイラっとするし、かなしいですよね。

それが恋人相手ともなればなおさらのこと。

相手の考えも尊重しながら、ていねいに話し合うことを心がけていきましょう。

特別な時間をすごす・別々の時間を楽しむ

関係がマンネリになってくると、デートの回数が減ったり、デートの質が落ちたりすることも。

デートがパターン化して楽しく感じられないなら、いつもとはちがうデートをして新鮮さを加えたり、

イベント日はちょっとおしゃれしてデートするなど、ふたりの時間を充実させるための工夫をしましょう。

また、ふたりの時間を大切にするだけでなく、別々の時間を楽しむのも忘れずに。

付き合ったとたん、ふたりの世界にこもって友達付き合いが悪くなるカップルもいますよね。

しあわせを存分に味わうという点ではいいことかもしれませんが、

自分たちを客観視しづらくなるので、場合によってはケンカになりやすかったり、ストレスが溜まりやすくなったりもします。

そうならないためにも、彼以外の人の価値観にも触れていたほうがいいでしょう。

たとえば友人や会社の同僚、おなじ趣味を持つ仲間など、あなたのまわりにいる信頼がおける人との時間をすごすのもよいでしょう。

また、ときにはひとりきりでなにかに没頭したり、あえてなにもせず、ゆっくりするのもおすすめですよ。

関係を良好に保つには、ふたりの時間と個人の時間、ふたつのバランスが大切です。

ふたりでいるために、ふたりきりにはならないことを、すこしだけ意識してみてくださいね。

日々のわずかな心がけを大切に

なにごとも、より良くしようと思ったら努力や工夫が必要ですよね。

それは、恋愛もおなじ。

日々のささいな心がけを大切に、しあわせな日々をすごしていきましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - ほんのちょっとで仲が深まる!日頃から意識したいこと3つ
今読んだ記事

ほんのちょっとで仲が深まる!日頃から意識したいこと3つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事