男性が「この子、ウソつきなのかな…」と思った瞬間

記事提供:愛カツ

自分ではウソをついている自覚がなくても、まわりからは「いや、それはウソでしょ」と疑われていることも。

そこで今回は「男性が『この子、実は嘘つきなのかな……』と思った瞬間」についてご紹介します。

男性が「この子、ウソつきなのかな…」と思った瞬間

1.話が矛盾している

「ついこの前は『インドア派』と言っていたのに、気づいたら『アウトドア派』に変わっていたこと。『なんか矛盾してない?』って思った」(30歳/営業)

本人からするとあまり深い意味のないことでも、人によっては気になる要因のよう。

とくに凝り性タイプの男性の場合、人に流されがちな女子にたいしてきびしい目を向けてしまうのかも。

ときには「あの子はウソをついている」と見なされてしまうこともあるので、発言には注意したいものです。

2.八方美人すぎる

「誰にたいしても『親友だよね!』『一番仲良し!』などと言っている子がいる。どれが本心なのかわからなくて、ちょっと怖いです」(29歳/飲食)

「いない人の悪口を言う女子。まさに八方美人だな~と思います」(33歳/広告)

人によって態度を変えないのは良いことなのですが、逆にその態度で不信感を持たれてしまう場合も。

また人間関係に波風を立てたくないからこそ、良かれと思って八方美人な人もいるでしょう。

しかし「色んな人に良い顔をしている=自分を偽っている」とカンちがいされてしまうことも。

ときには自分の意見をきちんと主張したほうが、信頼してもらえることもありますよ。

3.なんでもおおげさに話す

「ほんとうは10分程度の遅延なのに『電車が1時間もおくれちゃって』など、やたら話を盛る女友達がいます。この子の言うことは、誰もあまり本気にしていないですね」(32歳/接客)

ついつい場を盛り上げたい、もしくはリップサービスのつもりで、話をおおげさにしていませんか?

でもあまりにも非現実的な内容に、男性陣も「これはウソなんだろうな……」と気づいていることも。

友達としてはそれでも良いのでしょうが、恋人や結婚相手としては「信用できないからムリ!」と思われるので、気を付けましょう。

4.男女の差がはげしすぎる

「男にはやさしいのに、女子や店員さんにはそっけない態度をとる子。裏表あるなと思った」(27歳/サービス業)

こうしたなにげない言動が、「ウソつき女子」ととらえられてしまう原因です。

男女であからさまに態度を変えていると、あまりよい印象は与えません。

モテばかりを意識するのではなく、身近な友達も大切にしてこそ、人としての魅力もあがっていきますよ。

おわりに

誰でもわかるようなウソだけじゃなく、些細なことが不信感につながるようです。

日ごろからあやしい発言や行動には注意して、正直にすごしていきたいものですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - 男性が「この子、ウソつきなのかな…」と思った瞬間
今読んだ記事

男性が「この子、ウソつきなのかな…」と思った瞬間

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事