当てはまってない?男子が敬遠しちゃう「30代女性」の特徴

記事提供:愛カツ

恋愛、結婚、仕事。さまざまな場面で活躍し、輝きを増していく30代の女性たち。

そんな30代女性が、場合によっては、男子に敬遠されてしまうかもしれない……?

今回は男子の本音から「嫌われる30代女性の姿」に迫ります。

30代女性が「嫌われる」男子の5つの本音

本音1:余裕がありすぎる

30代にもなると、ある程度仕事にも慣れて余裕が生まれくるもの。

しかし、その余裕をアピールしすぎてしまうと、男子に嫌われてしまうかもしれません。

男子は頼られたい、自分が相手を守りたいという欲求を持っています。

ですから、相手の女性が余裕を持ちすぎていると、恋愛対象としての魅力が薄まってしまうことも。

「ひとりでも大丈夫だよね」と感じると、本命からキープへ、恋人の候補から友人へと変更されてしまい、関係が進展しなくなっていってしまいます。

本音2:いまだに夢見がち

30代は、地に足がついてきた世代ともいえるのではないでしょうか?

とくに男子は、仕事もある程度実績を出している時期ですので、30代をよりそういうものとして捉えます。

一方で、まだこれから夢を叶えようと一生懸命になっている方々もたくさんいます。

30代女性は、恋愛相手に20代や30代後半以上の男子を選ぶ場合には注意しましょう。

あまりに大きな夢を見ていたり、理想を語ってばかりだと「イタイ」女性として敬遠されてしまいます。

堅実なところをアピールしつつも、プラスアルファで夢を語るようにするなどしましょう。

本音3:服装が子供じみている

30代女性は20代女性に比べて、男子からきびしい目で見られます。

デート時の服装も、あなた自身がオシャレだと思っていても、男子からすると子供じみていると感じる場合も。

「年相応ではない」ということで、マイナスポイントになってしまうでしょう。

服装については、できれば恋人候補、恋愛対象の男子の好みを聞いたうえで、あなたなりの個性をプラスしていくようにしましょう。

本音4:30代だということを気にしすぎる

30代女性は、結婚の時期などもふくめて、焦りがでてくることも多いもの。

一方、男子からすると、そこまで気にならないこともあります。

女性が「もう30代だから」という発言をたびたびしていたり、それを理由にいろいろなことを妥協したりしているように感じると、男子は離れていってしまいます。

とくに年下男子の場合は、将来の自分を見るかのようでイヤな気持ちになり、嫌われてしまうこともあります。

もちろん30代としてしっかり生きるという意味で、年齢を気にすることはいいことだと思います。

しかし、男子にそれをどこまで伝えるのかは、注意しながらコミュニケーションをしていくほうが良いでしょう。

本音5:「ダメなところを言えない」という男子の本音に気づかない

30代女性は男子から「NGを直接言われづらい」という面も持っています。性格や生活態度にしろ、身だしなみについても、なかなか直接突っ込んでもらえません。

ときには、気づかないうちにダメ出しをくらってしまうことも……。

「ダメなら早く言ってよ」と思うところですが、30代になると、「一人前の大人」として扱わなければ、という意識がつよく働くために「マイナスのこと」は直接言ってもらえなくなってきます。

男子も本心では「言わなくてもなおしてよ」と思っているのかもしれません。

男子からの期待が一気に跳ねあがるのが30代ですよ。

おわりに

今回のヒントは、いかがでしたでしょうか?

30代の方、30代が近づいている方は今回のヒントを参考に、足元をすくわれないように注意して恋愛を進めていきましょう。

(さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - 当てはまってない?男子が敬遠しちゃう「30代女性」の特徴
今読んだ記事

当てはまってない?男子が敬遠しちゃう「30代女性」の特徴

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事