男性が「本命女子以外に送る」LINE3つの共通点

記事提供:愛カツ

自分は彼にとって本命なのか、ただのキープとして思われているのか……わからないと不安になりますよね。

実はLINEの文面から、あなたが今「本命かどうか」判断するきっかけが分かります。

デートの前後のみLINEが盛り上がる

今回は男性が「本命女子以外に送る」メッセージの共通点を3つお伝えします。

共通点1:「アップデート」情報はキープの証

男性は独占欲が強いので、あなたを気に入っている場合、他の誰かにとられないかをチェックを入れます。

メッセージとしては

「最近元気?今度ランチでも。」

「明けましておめでとうございます。今年もよろしくね。」

「メリークリスマス!良い1日を」

といったようにいわゆる状況更新(アップデート)の形になります。

こういったメッセージが届く場合は、「本命ではないが気になるので状況を把握しておきたい」という男性心理が働いています。

季節の変わり目やいわゆるイベント系のタイミングで毎回連絡が定期的に来る場合は、「本命ではない」と考えましょう。

一方で、普通の女子に比べれば、好意を抱かれています。

ですが、現時点では本命女子ではないことは確実なので、諦めて別を探すのか、本命女子になるためにあなたが作戦や行動を起こすのか、はしっかり考えた方が良いでしょう。

共通点2:多くを語らない

男性は本命女子に対してはLINE上は語る傾向にあります。短いか長文かは個人差がありますが、短い場合は頻度が高くなります。

「自分のことをちゃんと理解してほしい」という男性心理が働きますので、成果のアピールにしても、あなたへの想いにしても、どうしてもしっかり伝えるために頻度が多くなったり、長くなったりします。

一方、本命以外の女子には、多くを語りません。自分の良い部分だけを端的に示したり、悩みも具体的なものは書かずに

「最近ちょっと落ち込み気味」

「好きだよ。フィーリング合うと思う。」といったように曖昧、漠然としていて、単に気をひく程度しかLINE上は表現してきません。

彼自身のことをどれだけちゃんとLINEしてくるのかで本命か本命ではないかを見極めることができます。

共通点3:デートの前後のみLINEが盛り上がる

あなたが本命以外の男性にLINEを送るときのことを考えてみると、男性心理が紐解けることがあります。

デートの前に盛り上げて、デートの後は、「楽しかった。」と何度かスタンプやテキストメッセージを送る。

しかし、次のデートまでの空き時間は「お疲れ様」「おはよう」「おやすみ」程度しかLINEメッセージのやりとりをしないのではないでしょうか?

本命の場合は、何かしらネタを探して次回につなげようとしたり、あなたの深い部分を知ってもらうためにLINEを使うのではないでしょうか?

男性も同じです。デートの前後のみ毎回LINEのやり取りが届くのは、お互いの距離感がまだまだ遠いということです。

あなたの気になる人は当てはまる?

さて、今回のヒントはいかがだったでしょうか?

今回お伝えしたヒントのように、日々のLINEのやり取りからでも本命なのかどうかある程度見極めできます。

脈の無い無駄な相手に時間を費やさないように、彼とのLINEのやり取りを見返してみてくださいね。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - 男性が「本命女子以外に送る」LINE3つの共通点
今読んだ記事

男性が「本命女子以外に送る」LINE3つの共通点

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事