恋人候補から降格…セフレになっちゃう女子がやってるNG行動3つ

記事提供:愛カツ

この記事は18歳未満の方の閲覧を固くお断りします。18歳以上ですか? いいえ はい

お付き合いするなら断然、誠実な男性を求める人がほとんどと言ってもいいはず。

では、そんな素敵な相手を見つけるために恋愛において気を付けていることはありますか?

ちょっとした行動やLINEの返信内容がキッカケでせっかく恋人候補になっていても、とたんにセフレ候補に降格しちゃってるかも?

今回はセフレに降格しちゃう女子が陥りやすいNG行動について調査してみました!

セフレ

1、相手の本気度が分かる行動について

こちらが知りたいのって男性が自分に本気かどうかですよね。

彼の本気度を知ることができるたならこちらも、もう一押しのアプローチができるでしょう。

じゃあその判断基準ってどこからなんでしょうか?

・彼からデート(外出)に誘ってくれる
彼側からのアクションというのは”恋人候補”と考える相手だけにするものといってもいいでしょう。

そこで重要なのが家デートではなく、外出することを目的としたデートに誘っているかどうか。

女性のカラダ目的の男性というのは女性の家に行きたいそぶりを見せたり自分の家に招いたりといった行動をとるもの。

だからデートに誘われたら彼が何を目的としているのか…を注意してみてみるといいかも。

・対応が”変わらず”優しい
好意のある相手には誰しもよく見られたいという気持ちがあります、だから優しく接して気を引こうとするのです。

なので急に優しくなったり冷たくなったりする相手には少々注意が必要!

自分に都合がいい時だけ優しい男性というのは相手を振り回すという特徴があるので、注意しましょう。

・露出を嫌がる
好きな子の露出というのは「自分の前だけ限定」であればいいと思う男性たち、他の男には見せたくないのが当たり前。

だけど露出が高めの女性が好き!

大歓迎と言う態度がみてとれるなら、もしかすると「こんないい女連れてるんだぞ」とアクセサリー感覚で手に入れたいと考えられているかもしれません。

このように本気度が高ければ、おのずと誠実なアクションを起こしてくれるのでなんだか雑に扱われてる?

なんて思うならもしかすると彼の恋人候補からは外されている可能性が…。

2、いつも相手を追いかける恋愛をしがち

気付けばいつも追われるより追っている恋愛をしている女性というのは男性から「セフレぐらいが丁度いい」なんて思われがち。

というのも男性には古くからの狩猟本能があります。

すぐに手にはいると分かっている相手よりもなかなかこちらになびかない女性を追う方が恋愛の楽しみを感じるためです。

なので、自分を好きだと分かる相手ならワガママも身勝手も通用すると考えがち。

思い通りになりそうな女性には俺様な態度をとる傾向にあるかも…。

だからこそ相手に”追いかけたい!”と思わせるようなやりとりを心がけるのが追われる女になる第一歩でしょう。

LINEは絵文字やスタンプで盛ったものから、シンプルで一見そっけなく感じる雰囲気を出してたまに女の子っぽさを出してみたり。

自分からデートに誘っていたなら一度引いて様子を見てみたり……。

自分からあふれ出ている好き好きオーラを封印してみることです。

3、彼のお願い、断ったことあったっけ?

大好きな彼からのお願い一度でも断ったことがありますか?

できれば断りたくない、好きな人からの頼みごとを”あえて”断る瞬間を作るのが大事なんです。

まず不安に感じるのは「断ると、嫌われてしまうんじゃ?」と考えてしまうからですよね。

だけどそれで無理をしたり我慢をしたりしてしまうと相手は「断らないから」とまたお願いしてくることもあるわけで。

そうなってくるとこの先も無理や我慢を繰り返すことになりかねないのです。

だから自分には無理かもしれないと感じたら、そこはハッキリ断ってOK!意思表示が曖昧だと付け込まれてしまうかもしれません。

・「NOと言えない子は楽!だけど面白みもないから彼女にはしない。」(20代男性/自動車販売)

・「こちらの言うこと聞いてくれるのは良いように利用されちゃう子にありがちな行動パターンだよね。」(30代男性/広告代理店)

やっぱり都合いい子って思われちゃってる、断れない女性たち…。断る勇気を持てばもっといい出会いに巡り合えるはず!

4、彼の欲望を受け入れてしまう

好きな人だから…って理由で彼がボディタッチしてきても簡単に受け入れてしまっているなら気をつけて。

セフレへの一番の近道って彼の欲望をすんなり受け入れてしまうところから始まるんです。

自分も好きだから受け入れてあげたい気持ちは分かります。

でもさして恋愛の駆け引きもしておらず体を許す関係になってしまうのは自らセフレを望んでしまっている行動にもとられてしまいます。

後から「私たちって付き合ってるんだよね?」なんて言っても相手からは気のない返事が返ってくるだけなんてことに…。

一度そのようなことをしてしまったらそこから彼女になる道は途絶えてしまったと言ってもいいでしょう。

だからもし、なんとなくボディタッチなんかが多く感じるのなら「この先は恋人同士になってから」という意思表示を示すのが大切!

先ほど”断れない態度は相手の都合がいいように利用されかねない”と言ったように、自分が少しでも無理だと感じたり流されてしまいそうになったりしたときにはNOの意思を相手に伝えられるようになりましょう。

恋愛の主導権が男性だと、女性に接する態度というのは恋人にするそれとは違う態度になってしまうかも…というのが分かって頂けたと思います。

おわりに

尽くしてしまうのも、断れないのも、追いかけてしまうのも彼のことが好きだからこそ!

でもその行動で大切に扱ってもらえないならアプローチのしかたを変えなければいけないのかもしれません!

ぜひ自分らしいアピール方法を見つけてみてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - 恋人候補から降格…セフレになっちゃう女子がやってるNG行動3つ
今読んだ記事

恋人候補から降格…セフレになっちゃう女子がやってるNG行動3つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ラブ」カテゴリーの最新記事