営業系男子に効果的なアプローチ方法4選

記事提供:愛カツ

営業職の男子はどこか体育会系のノリがあり、女子からすると好き嫌いが大きく別れるところがあるかもしれません。

でも、頼り甲斐があって男らしい姿勢が、ちょっと魅力に感じるシーンもあるはず。

そんな相手を落とすにはどうすれば良いのでしょう。

そこで今回は「営業系男子に効果的なアプローチ方法」を4つご紹介いたします。

営業男子

「偶然を装う」ことで親しくなるテクニック

営業系の男子は、“偶然”という言葉に弱いもの。

偶然というのは、まったく意識していなければ偶然ですが、意図的に作り出せば「必然」へと変わります。

たとえば、オフィスの廊下で好きな人にわざとぶつかる、なども恋愛テクニックのひとつです。

故意にぶつかったとしても、相手からすれば「偶然」起こったもの。

そのため、ぶつかった相手のイメージは強烈に頭の中に記憶として深く刻みこまれます。

つまり、ぶつかった相手のことを思い出す時間が増え、いつの間にか気になる存在になってしまうのです。

会話を続けるネタを相手から引き出すことで好感度UP

営業系の男子は、仕事柄話好きだったり話が上手な人が多いもの。

そのため彼から好かれるコツは、できるだけ相手にしゃべらせることです。

話し下手なあなたであっても、質問を選び相手を気持ちよく話し続けさせることができるなら、かなりの“聞き上手”であると言えます。

つまり、営業系の彼には聞き上手になればいいのです。

人が聞いていて楽しい話は「自分に関すること」。そこを掘り下げてみましょう。

暗いバーで2人きりになると……

営業系の彼は、色仕掛けに弱いところが。そこで、バーを活用した恋愛心理テクを活かしてみましょう。

男女を明るいところと暗いところの2組に分け、その親密度を測定したという対人心理学での実験で有名なものがあります。

人は暗い場所にいると、普段できないような恥ずかしいこと、心理の奥底にある欲求が表に出てきやすくなるのです。

光があるまぶしい場所よりも、薄暗い闇のほうが恋愛においてはムードが高まるということですね。

そのため、夕方から夜にかけてのバーでの時間は、二人の仲を親密にする雰囲気を自然と演出できるはず。

共通の敵をつくると仲良くなれる

営業系の彼は、ノルマの世界で生きているため、闘争意識が高いタイプが多いもの。

そこで、身近にいる困った人の話題を出して、それを共有することで仲を親密にしていきましょう。

そういった人のおかしな行動や奇抜な姿勢などを会話のネタにしてしまえば、感情の共有ができます。

共通の敵を作ることで、お互いの仲は驚くほど近くなる……。

そんな心理も働き、彼とあなたは急速に仲良くなれるはずです。

おわりに

営業職の男子は、度胸があって話好きであることが多いので、自分の話や最近あった面白い話題を振ってくれると言えます。

そのため、聞き上手の女子や相手の会話に合わせて相づちを打つのが上手な女子の方が、モテる傾向にあるようです。

相手のテンションや流れにムリして逆らわず、上手に受け入れながらコミュニケーションをとっていくのがポイントになるでしょう。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - 営業系男子に効果的なアプローチ方法4選
今読んだ記事

営業系男子に効果的なアプローチ方法4選

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事