アラサーが付き合う前に男性に確認すべきこと3つ

記事提供:愛カツ

合わなければ別れてしまえばいい……それはそうだけど、年齢も年齢だし、次に付き合う人とは結婚したい! できれば、お試し期間なんて設けずに、付き合う前にどんな人か見極めたい~!

第一印象は悪くないけど、長い人生を共にする相手としてはどう?付き合う前にチェックしておくべき3つのポイントをお伝えします!

アラサー

ズバリ結婚願望は?

関係性によっては「結婚て、したい人?」と、直接聞いてしまっても良いかもしれません。「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、結婚への積極性をリサーチしておきましょう。

結婚しないと決めている人は、最初に宣言してくれることも。「結婚を迫ってくるなよ」という牽制(けんせい)でもあります。彼との未来に結婚は望み薄。一発逆転を狙う以外は、避けておいた方が無難な相手です。

意外と要注意なのが「いつかは結婚したい」と言う人。あなたとお付き合いしたい気持ちはあっても、煮え切らない態度が続いていく可能性があります

両親の話が出たり、自分の将来についてきちんと考えていたりしていれば、結婚に前向きのサインと考えてOK。「早く子どもが欲しい」「〇歳くらいまでには結婚したい」などの発言があれば期待度高!

付き合ってから話すと重いので「じゃお嫁さんに立候補しようかな~」くらいの冗談で、どんどん結婚について追求しちゃいましょう。

ストレスと上手く付き合える?

ストレスのコントロールができるということは、心に余裕を持てるということ。ストレス解消法のタイプによっても、彼と過ごす未来が想像できます。

スポーツや、仲間内でバンド、旅行や家庭菜園など、明るい趣味に没頭できる人は、気分転換が上手な人。「寝る」「外を走る」なども、日常で少しずつストレスを解消できているので、ストレスを溜めにくい人と考えられます。

「ギャンブル」は、当たると一気にストレスが吹き飛んでいきますが、負けたときはストレスが余計に溜まり、金銭的なストレスを生み出すこともあるので、依存度具合によって良し悪しを見てみましょう。

このほか「お酒」や「タバコ」は、多少なら問題なし。でも、多くなってくると心身の健康にも関わりますので、ストレス解消がそれしかないとなると、少し心配かもしれません。

ストレスが溜まるのは当たり前のこと。上手にストレス解消できている人と一緒に居れば、こちらも心に余裕を持ちやすくなるはずです。

子どもの頃の話も聞いてみて!

「三つ子の魂百まで」と言いますが、育った家庭環境や、その人が経験してきたことは、大人になってからの性格にも強く反映されます。「子どものとき、どんな子だった?」の質問への、勉強に関する答えを例に見てみましょう。

「おかんに勉強しろって、よく怒られてた」なら、やんちゃな男の子だったんだなーという印象ですね。でも「勉強しないとご飯食べさせてもらえなかった」というのであれば、冷たい家族環境のイメージが浮かび、愛情表現が偏っていたり、不安になりやすかったりするかも……と想像できます。「遊ばずに勉強ばっかりしていた」であれば、友人との交流が少なく、少し理屈っぽい人なのかもしれません。

よく聞くようなエピソードを語る人は「一般的な経験」をして、「普通の感覚」を持っている人。逆に特殊なエピソードを語る人は、思いもよらない行動に出ることがあるかもしれないので、要注意かもしれません。

普段は上手に隠せていても、ピンチになると、小さい頃から作られてきた性格が顔を出すもの。根がまじめな人は、遊んでいるように見えても、案外ちゃんと線引きしていたりします。子どもの頃の様子を聞いて、彼の本性を見抜いちゃいましょう!

おわりに

ストレス解消法や子どもの頃の話は、何気なく質問しやすい話題ですが、その答えのなかには、相手を見極めるための情報がたくさん詰まっています。

付き合ってから「こんな人だと思わなかった~」とならないよう、しっかり事前リサーチしておきましょう!

(矢島みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - アラサーが付き合う前に男性に確認すべきこと3つ
今読んだ記事

アラサーが付き合う前に男性に確認すべきこと3つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事