彼との愛が長続きするかは「付き合ってから3ヵ月後」が勝負

記事提供:ハウコレ

20180817095346-3024-674_raw.jpg
こんにちは。沙木貴咲です。好きな人と付き合うようになって3ヵ月くらいは、本当に幸せですよね。「そのまま結婚してもいい」とすら思う瞬間があるかもしれません。

けれど一方で、半年も交際が続けば恋人の粗が見えてきます。「こんなはずじゃなかったのに」と失望して、お付き合いを続けていく自信を失うこともあるはず。

恋愛は付き合ってから3ヵ月後が勝負なんです。そのときに彼氏と心が結びついているかどうかが、交際のゆくえを決めるでしょう。

恋に落ちるとは、ある意味『ショック状態』

人を好きになると、何をしていてもその人のことが頭から離れなくなります。相手の何気ないしぐさや態度、自分に向けて発せられた言葉などが何度も思い出されて、胸がキュンとなるはず。

特に恋が始まったあたりは、仕事中でも好きな人を想ってボーっとしてしまう、集中力が途切れるといった状態になるものですが、これは恋に落ちることが『ショック状態』に似ているからなんですね。

好きな人の魅力に心を奪われ、理性が失われると、普通ではいられなくなります。いつもなら難なくできるルーチンワークさえミスするようになり、電車で降りる駅をつい間違えてしまうんです。

心はつねに高ぶり、好きな人の魅惑的な表情や言葉を何度も思い返すことで、恋の甘さに酔いしれる・・・・・・ですが、その一方で冷静さや慎重さは失われていくでしょう。
落ち着いて見ればすぐに気づく相手の欠点が見えにくくなり、「彼は最高!」と強く思い込むようになるのです。


恋の『ショック状態』は約3ヵ月で解ける

筆者の実体験でもそうですし、占い師としてたくさんの方の恋愛相談に乗っていても感じるのですが、恋にのめり込んで我を忘れる『ショック状態』が続くのは、約3ヵ月。
付き合って3ヵ月はラブラブ状態でも、それを過ぎると、段々と彼氏のイヤな部分が見えてきます。

「あれ、彼ってこんな人だったっけ?」
「意外に冷たいのかも」

恋に落ちたショックがやわらぎ、冷静さを取り戻すにつれて違和感を覚えるようになります。
期待していた理想像と違う、第一印象と違う本性が見えてきた・・・・・・という発見をマイナスポイントと捉えるなら、「彼と付き合っていていいのかな?」という疑問を抱くかもしれません。


付き合って3ヵ月後に見えてくるものとは?

付き合って3ヵ月後に期待外れを感じるのは、「実は裏の顔を隠し持っていた」「初デートで彼は見栄を張っていただけ」というマイナスイメージが生まれたからかもしれません。けれど、彼の本当の姿はそれだった・・・・・・であることがほとんどなんです。

しかも彼は、意図的に何か隠したつもりはなかったりします。女性側が、自分の理想に彼を無理やり当てはめていた、というケースが圧倒的に多いでしょう。

付き合い始めは恋心が高まり、テンションも異常な状態になるので、彼の本当の姿が見えにくくなるだけ。交際後3ヵ月にやっと、彼氏のリアルが見えてくるんです。


交際3ヵ月後にリアルが見えてくるのは、男性も一緒

こうした傾向は女性だけでなく、男性にも起こります。つまり性別を問わず、付き合って3ヵ月も経てば、お互いに恋人の印象は変わるということ。

その時に、「彼にはこういう面もあるのか」と冷静に受け止められるのか、拒否してしまうのかで、交際のゆくえは変わってきます。

恋が長続きしないという人は、彼に自分の理想やイメージを重ねすぎていないか、一度チェックしたほうが良いかもしれません。そして、恋人に第一印象や交際当初と違うイメージが見えてきたとき、それが明らかなウソではない場合、人間にはいろんな顔があるものだと寛容に受け入れることも大事です。そうすれば、恋人関係は安定して長く続くはずですから。(沙木貴咲/ライター)

(ハウコレ編集部)



【Not Sponsored 記事】
ハウコレ
モデルプレス - 彼との愛が長続きするかは「付き合ってから3ヵ月後」が勝負
今読んだ記事

彼との愛が長続きするかは「付き合ってから3ヵ月後」が勝負

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事