彼との夏祭り、どう楽しむ?カップル別・夏祭りデートの楽しみ方

記事提供:ハウコレ

20180815092433-3495-537_raw.jpg
夏のイベントとして欠かせないのが、夏祭り。去年行った人も、行ってない人も、「夏祭りデートとかどうかな~」と考えるシーンもあるはず。

そこで今回は、カップルのタイプに合わせて、夏祭りデートの楽しみ方をご紹介します!

・マンネリ気味カップルは、浴衣姿で特別感

「もう何度か見てはいるんだけど、彼女の浴衣姿は毎年見たいな~って思う。今年は俺も甚平着てみようかな」(25歳/男性/メーカー)

夏祭りと言えば、やはり男子は「彼女の浴衣姿が見たい!」と思うもの。夏祭りに並ぶ夏の風物詩、海やプールでの水着姿もそうですが、やはり浴衣姿というのは「とびきりおしゃれなデート服」とはまた一味違った、特別感のある姿ですよね。

ちょっぴりマンネリ気味かも・・・というカップルも、お祭り特有のわいわいとした雰囲気や、浴衣など特別な姿でデートすることによって、いつもと違うふたりを演出できるかも。彼を誘って、ふたりで浴衣・甚平の夏祭りコーデを楽しむのもオススメです。


・付き合いたてカップルは、人混みでスキンシップ

「付き合って間もない頃に彼と夏祭りデートに行って、自分から手を繋ぎました。彼はそれが嬉しかったみたいで、今でも『ドキッとした』って言ってくれます」(21歳/女性/大学生)

お祭りというと、どうしても付きまとうのが「人混み」というマイナスポイント。これがネックで、「険悪なムードになりたくないし、お祭りはいいかな・・・」となっているカップルも多いと思います。

ですが、人混みは彼との距離を縮めてくれる、絶好のチャンス。なぜなら、人混みで「はぐれないように」という大義名分のもと、いつもよりちょっと大胆なスキンシップを図ることができるから。

そのため、「普段は繋がないけど、実は彼と手を繋いで歩きたい」という人や、「たまには自分からスキンシップを図ってみたい」という人にこそ、お祭りデートがオススメなんです。


・アウトドアカップルは、夏祭り+αで楽しむ

「夏の旅行計画を立てている時に、彼女から『青森のねぶた祭りに行こうよ!』と誘われたんです。ねぶたの迫力に感動して、絶対また来よう!となりました」(27歳/男性/美容師)

ひとくちに夏祭りといっても、近所の神社で行われる小規模なものから、全国各地から観光客が押し寄せる大規模なお祭りもあります。「お出かけ大好き!」というアウトドアカップルは、お祭りと一緒に花火や盆踊りを楽しんでみたり、灯篭流しなどに参加してみるのもオススメ。

開催場所が全国にあり、同時に様々なイベントが催されることの多い夏祭りは、旅行先設定しても楽しめるはずですよ。


・インドアカップルは、”お祭り風”でいいとこ取り

「暑いのがイヤなので夏祭りは敬遠してたんだけど、縁日居酒屋行ったらめちゃくちゃ楽しかった」(22歳/男性/大学生)

どうしてもあの人混み・暑さの中、夏祭りに参加する気になれない・・・というインドアカップルには、”お祭り風”のアレコレがオススメ。

夏は、ショッピングセンターで縁日イベントを開催していたり、縁日をイメージした居酒屋なんかもあります。おうちデートで屋台にありそうな食べ物を一緒に作るのも良さそうですね。


・おわりに

規模・催し内容も様々な夏祭りは、彼との仲を深めるチャンス♡あなたと彼に合わせた楽しみ方で、夏の素敵な思い出を残してみては?(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)
(前田怜里/モデル)

(島崎雄史/カメラマン)

(JYO/ヘアメイク)

(辻野祐馬/ディレクション)



【Not Sponsored 記事】
ハウコレ
モデルプレス - 彼との夏祭り、どう楽しむ?カップル別・夏祭りデートの楽しみ方
今読んだ記事

彼との夏祭り、どう楽しむ?カップル別・夏祭りデートの楽しみ方

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事