実はNG…彼が「彼女に直してほしい」と思っていること

記事提供:愛カツ

女性が思う「可愛い」と男性が思う「可愛い」は全然違うと言いますが、男女間で意見が分かれることは思った以上にたくさんあります。

男性が感じている「実は彼女にやめてほしい、直してほしいこと」を独身男性に聞いてみました!

彼女に直してほしいこと

なんでもSNS投稿

彼女がデートで行ったお店やお料理を載せるのはまだ良いとして、彼が言ったことやケンカをしたことなどをSNSに載せるのはNG。

友達や知人に筒ぬけで恥ずかしいという声が多いようです。

彼女の立場からすると「見られて困る人でもいるの?」という反論をしたい気もしますが、小さな不満が積もり積もってケンカは起こるので相手が嫌がることは控えるのがマナーです。

つけまつ毛・まつエク

目を大きく見せたい女心とは反して、男性としてはナチュラルメイクが一番好きという意見が多く、つけまつ毛やエクステなどは不人気のようです。

特に、つけまつ毛は正面から見たら気づかないけれど、彼の目線から見下ろすと接着部分が丸見えなこともあり、ガッカリポイントが高いんだとか。

他にもカラーコンタクトなど、女性にとって「盛れる」アイテムは男性にとっては、すっぴんの時のギャップを増大させるアイテムと見なされるようです。

流行のパンツスタイル

流行のハイウエストパンツはウエスト位置を高く見せてくれて、女性には人気のアイテムですが、男性にはずん胴に見えて、バランスが悪いと不評のようです。

同じく、ガウチョパンツなどのワイドパンツも、体型を誤ごまかしているように見える上に「色気がない」と男性ウケは良くありません。

男性は目に馴染んでいないものは違和感を覚えるので、トレンド系ファッションは彼と会う時はさけた方が良いかもしれません。

不満をはっきり言わない

女性は「察してほしい」と思っているようですが、男性からすると不満は口に出して言ってくれないと分からないというのが本音のようです。

あきらかに不機嫌なのに、理由を聞いても「別に」と言われると、対処に困ってしまうそうです。

また「◯◯ちゃんの彼氏は毎日連絡くれるんだって〜」というような、暗に「◯◯してほしい」とほのめかすのも嫌らしく、不満があるならはっきり言ってほしいという意見を多く聞けました。

おわりに

女性は男性に「〜してほしい」という要望が多いのに対して、男性は女性に「〜しないでほしい」という禁止の要望が多い傾向だそうです。

男性は彼女に対しては守りに入る考えの持ち主が多い、ということを頭の片隅に置いておくと良いかもしれませんよ。(阿久津 沙良/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - 実はNG…彼が「彼女に直してほしい」と思っていること
今読んだ記事

実はNG…彼が「彼女に直してほしい」と思っていること

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事