い、痛い…飲み会で見た絶対付き合いたくない女・ベスト5

記事提供:愛カツ

飲み会は、アルコールも入り、普段よりもテンションが高くなってしまいますよね。でも、ハメのはずし過ぎには要注意。

最初は笑える陽気でも「うわぁ……」と引かれてしまう言動に、突っ走ってしまう危険性があります。どんな言動がNG!? チェックしておきましょう。

飲み会

酔っぱらって絡んでくる

お酒が入れば、多少陽気になったり、感情をオープンに会話したりすることも多くなります。それこそ、お酒の席の醍醐味でもありますが……。

あまりにもお酒が入りすぎて、いわゆる「酔っ払い状態」で絡んでいかないよう要注意。酔っぱらうくらい飲んでしまうということは、自己管理ができていないということ。

ウザい絡みをしてしまったり、意味の分からないことを言ってしまうほど飲んだりする女性は、見ていて痛々しい人になってしまいます。

モテをアピールしてくる

お酒が入ると、自制心も緩んでしまいますよね。普段は、思っていても言わないでいることを、ついつい、パーっとさらけ出してしまうことも……。

「実は今年、もう〇人から告白された」「ジーっと、見られてること多くって!」など、モテアピールは、実のところ自分の価値を下げてしまう行為。どんな自慢も、お酒の席でひけらかすのは、逆に自信の無さを露呈してしまうことにもなりかねません。ご注意です!

下ネタが全快すぎる

お酒の席ではお決まりの、下ネタにも要注意。多少オープンになることはあっても、プライベートな性事情まで話してしまうと、さすがに引かれてしまいます。

確かに、それを聞いてくる男性陣も多いことでしょう。でも「そういうことは、オープンにすべきでない」というモラルを持っている人もたくさん。

たとえ聞かれても、恥ずかしがりながらごまかす程度が一番。話すとしても、使う単語、名称などに、多少の品性が感じられるよう意識しましょう。

初対面でキスに応じる

盛り上がってくると、普段は絶対やらないことでも、流れと勢いではやし立てる雰囲気になることもあるかもしれません。ノリで初対面の相手にチュー! なんてことはありませんか?

その場のノリでは喜んでもらえるとしても「付き合いたい女」であるかどうかで言えば、それは別問題。初対面でもキスするようなら、他でも……、と考えてしまうのが自然だからです。

馴れ馴れしすぎる

お酒を飲むと、ちょっと積極的になって、下の名前で呼んだり、言葉遣いが馴れ馴れしくなってしまったりしませんか?ツッコミを入れたり、自分の好みを強気で推したり、ある程度の親しさを感じる言動なら、心の距離を近くさせ、モテることもあります。

でも、あからさまに年の離れた相手のことを呼び捨てにしたり、冗談っぽく見下すような言い方をしたりすると、周りがヒヤヒヤしてしまうことも……。相手との関係性に合わせ、言葉遣いや態度を考えていきましょう。

おわりに

お酒の席になると、確かにテンションが上がるもの。ほろ酔い気分でのコミュニケーションだからこそ、魅力を感じ合えることもありますが、何事も適度が大切。

自分の言動がコントロールできるよう、お酒のペースを考え、相手に与える印象を計算したうえで、その場のノリを楽しんでくださいね。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - い、痛い…飲み会で見た絶対付き合いたくない女・ベスト5
今読んだ記事

い、痛い…飲み会で見た絶対付き合いたくない女・ベスト5

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事