浮気に罪悪感のないダメ男4つのタイプ

記事提供:愛カツ

カレの浮気が発覚したら、一度だけなら許す、という女性もいるのでは?

でもカレは本当に一度の過ちで済むような男でしょうか。今回は浮気に罪悪感のない4タイプのダメ男について解説します。

ダメ男

①ギラギラした友人に囲まれている

ギラギラした友人に囲まれている男性は、浮気の罪悪感を覚えにくい環境に身を置いています。彼女がいても合コン三昧だったり、男同士連れだってナンパをしに行くこともあります。

仲間内のメンバーがみなそのような感じなので、複数の女性と同時に付き合うことに疑問を抱かず、今日まで生きてきたところがあります。

女性の扱いにも慣れているので、魅力的でもありますが、唯一無二の存在として長く愛してくれるかどうかは疑問です。

順調に恋が進展しそうな時こそ、カレの友人関係を要チェック。思わず「落とし穴」に早めに気付くことができるかもしれません。

②「男はこうあるべき」の固定観念が強い

「男はこうあるべき」の固定観念が強い男性の中には、罪悪感なしに浮気をしてしまう者が一定数潜んでいます。

彼らは「浮気は男の甲斐性」や「英雄色を好む」といった、男のサガを表す言葉を支持しています。多くの女性と関係を持つことこそ男としてあるべき姿、という価値観で生きているのです。

彼らは一見頼もしかったり、毎回奢ってくれたり、女子にとってありがたい存在である場合もあります。しかし、男らしくあろうとする根底には、浮気を正当化するマインドを持っている場合があるので、注意しましょう。

③ブランド力やネーミングにすぐ屈服

ブランド力やネーミングにすぐ屈服してしまう男性も、浮気に対する罪悪感を覚えることが少ない傾向があります。

彼らにとってのプライオリティーは「箔を付けること」です。関係を持った女性の人数や、口説いた女性の見た目のレベル、あるいは年の差(大きければ大きいほどいい)などを自慢のネタにすることばかり日々考えています。一途な恋愛は向いていません。

見分け方は、SNSで有名人と知り合いであることや有名大学・企業に在籍していたことをチラ見せするような人。出会った後によくチェックしてみましょう。

④女々しく極度にナイーブ

女々しく極度にナイーブな男性も、罪悪感なく浮気をしてしまうことがあるので要注意です。

傷つきやすいハートを持つ彼らは、時として被害者意識を抱きやすくなります。一度パートナーに傷つけられた、あるいは、理解されていない、と思い込むと

「自分は彼女(妻)に愛されていないのだから他の女性に愛情を求めて何が悪いんだ?」と開き直り、後ろめたいと思わずに浮気してしまうのです。

このような男性は、普段から言い訳が多かったり、虚勢を張る癖があります。そんな彼らは弱さをカバーするために話術や高い社交性を身につけている場合もあります。

一見魅力的に見えることもあるので、よく見極めましょう。

精神が未熟な男に注意!

いかがでしょうか。浮気する男性には、男としての自信を持ちたい……裏を返せば現状では自信がない、という不安定な気持ちが垣間見えます。

パートナーを選ぶ時は、その弱さから浮気を正当化する人ではなく、精神が成熟した男性なのかどうかをよくチェックしたいですね。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - 浮気に罪悪感のないダメ男4つのタイプ
今読んだ記事

浮気に罪悪感のないダメ男4つのタイプ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事