男性が「あれ?相性合わないかも」と感じていまう4つのNG行為

記事提供:愛カツ

「相性が合わない」、この言葉ほど曖昧ですが強力な言葉はありません。

数々の恋がこの言葉で終わっています。

多くの場合、「どうしてそう感じたのか」を詳細に伝えられることはありません。

今回は男性が感じる代表的なNG行動について4つ取り上げてヒントをお伝えしたいと思います。

NG行為1:1言多い

「1言多い」と男性側が相性が合わないと感じてしまい、恋愛が一気に終わってしまうこともあります。

男性は自分の意見で会話を終えたがるので、あなたがかなり年上だったり、会社で上の立場だったりしない限りは、アドバイスは求めていません。

また、意見を求めている時も、はっきりと答えてほしいとは男性側は感じていますが、反論したりすることを期待はしていません。

「それは違う。」「私はそうは思わない。」といった1言で、恋愛対象から外れて友人のカテゴリになってしまったり、「結局他の男性や女性と同じで自分の味方ではない」と男性側が一歩引いた目で見るようになってきます。

NG行為2:メール/メッセージで間接的に伝える

メールやメッセージというのは、あなたが思っているよりも冷たく、一方的なものとして相手には映ります。

また、男性で仕事ができる人はものすごい量のメール仕事で日常的に裁いている人が多いので、あまり長かったり、返事をするのに考えなくてはならないような重い内容がメールやメッセージでくると、とたんに精神的に構えてしまいます。

仕事モードがオンになってしまうと考えると分かりやすいでしょう。

また、相手が忙しそうなのに、「ちょっとでも会いたい」というメールやメッセージを送ると、それは男性にとっては、プレッシャーの1つになってしまうリスクがあります。

大切なことは留守電に入れた上で実際に会って話したりするように心がけましょう。「お仕事の延長」だと男性が感じれば感じるほど「プライベートとしては相性が合わないのかな」と判断されてしまいます。

NG行為3:突然連絡が来たり、来なかったりする

男性は「コントロールできない」と強く感じると相性が合わないと考えてしまうことが多いです。

女性側が時間がある時にたくさん送って、忙しくなるとパタッと来なくなる、そういった状況にならないように注意が必要です。

恋愛初期の頃はお互いに気を遣っていますが、ある程度慣れてきた際には注意が必要です。

また、連絡が来る時間帯もできれば、まばらにならないようにしましょう。突如早朝メッセージが届いていたかと思うと、深夜に届く。。。男性としては、見えないストレスを感じてしまい、それが積み重なって「相性が悪い」という感情に行きつくケースが多くあります。

NG行為4:大切なタイミングで連絡が取れない

男性は自分の大切なタイミングというよりも、相手の大切なタイミングで連絡が中々取れないとフラストレーションを非常に感じます。

たとえば、あなたのお誕生日に合わせて0時にメッセージを送ったのに、次の日の夕方まで返信が来ない場合、男性は返信が来るまでずっとストレスを感じています。

また、彼自身の出張の予定などを共有された場合は、「気にしてほしい」という男性側からのサインなのですが、これも無視して、出張から帰ってきたようなタイミングで「おかえり」といったメッセージのみだと、男性側としてはやはり出張中もストレスを感じてしまうでしょう。

NG行為3も考慮した上で、基本的には要所で連絡をしておくことが、男性から「相性が悪い」と思われないために大切です。

さて、今回のヒントは、いかがでしたでしょうか?

突然恋が終わってしまうことが無いように、今回のNG行為をやりがちな場合は、方向転換を早々にはかっていきましょう。

恋愛は双方向なので、こちらが意図したように相手がすぐ考えを変えてくれることは、むしろ非常に稀です。

早期の行動の見直しが恋の継続につながります。(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - 男性が「あれ?相性合わないかも」と感じていまう4つのNG行為
今読んだ記事

男性が「あれ?相性合わないかも」と感じていまう4つのNG行為

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事