ハイスペック男子に聞いた!年収1,000万以上の彼氏がいる女性の共通点

記事提供:愛カツ

将来の安定を考えても、年収は多いほうがいいですよね。

なかでも、年収1,000万円以上ともなると、いろんなことにチャレンジしたり、いろんな世界を見たりと、魅力がいっぱい。

そんな年収1,000万以上のハイスペック男子がどんな子を選ぶのか、興味ありませんか? 今回は、ハイスペック男子に調査を行い、彼らを虜にする彼女の共通点を探ってみました!

ハイスペック男子

仕事の忙しさに文句は言わない

「仕事が忙しく、彼女となかなか会える日も少ないんですが、『会えないからもっと仕事を減らしてほしい』などは言われませんね」(36歳/広告代理店)

「突然商談が入って、デートがキャンセルになることもたびたびありますが、すんなりOKしてくれますね。もちろん埋め合わせはしますけど(笑)」(32歳/薬剤師)

年収が多い男性は、仕事も忙しく、責任も大きいことがほとんど。自分の判断が一歩間違えば、大きな損失を出してしまうなんてこともあります。

そのことをわかっているか、彼らの彼女たちは、仕事に口は出さないよう。寂しいときも、ちゃんと我慢できるのがポイントかもしれません。

ムダ使いをしない

「安いからといって飛びついたりはしませんね。かといって、高いものをたくさん買ったりするわけでもなく、お金を出す価値があるかどうかをよく考えている感じです」(36歳/不動産)

「プレゼントではいいものを買ってあげるようにしていますが、デートは僕6:彼女4くらいで負担しあっています。お互い倹約家なので、そういう感性が似ているところも好きですね」(30歳/マスコミ)

お金があるからといってムダ使いをしていると、すぐになくなってしまいます。ハイスペック男子たちは、年収が多いからこそ、お金の管理をしっかりしている人が多い印象。

そんな彼に、ちゃんと敬意をもって接してもらえる彼女でいるためには、お金を賢く使い、ムダ使いをしないことも大切なことなのかもしれません。

自分がいいと思うものにこだわる

「家具にしても、服にしても、実際に自分の目で見て、触れてみるまでは買いませんね。ネットで買ったりするのも嫌みたいです」(弁護士/39歳)

「中途半端とか、妥協がすごく嫌なご様子。微妙な色の違いとか、デザインとかも、自分好みのものを追求する傾向が強く、結果的にオーダーメイドが多いようで……。10年以上愛用しているものが多いので、高い買い物も大目にみています」(商社/37歳)

何度も確認して、しっかり自分の目で見て判断する。そこまでして、選びに選んだものだから大切にできるなんてこともありますよね。

もちろん、お金があるからこだわれるという部分もあるかもしれませんが、結果的にはいいものを、長く使えるのかもしれません。普段のデートの服装、メイク、デートの過ごし方などにもこだわりがある方が多いようです。

あらゆる場面でケジメをつけられる

「デート中でも、人前ではあまりイチャイチャしませんね。でも、個室とかではすごく甘えてきます。ギャップがかわいいですね」(歯科医/40歳)

「『それくらいなら、俺が出してあげるよ』といっても、自分のことに関する出費は、自分で払うと決めているみたいです」(運送会社経営/33歳)

時間や場所、自分のことなのか、ふたりのことなのか、しっかりケジメがつけられるのが彼女たちの共通ポイントです。

所かまわずイチャイチャしたり、全部男性のおごりだったりするのは、ハイスペック男子からするとあまり好印象ではないみたい。

こうして、きっちりケジメをつけることで、彼の年収という大きな力に流されず、自分の考え方や価値観をしっかり保っているからこそ、彼と対等な位置でお付き合いができるのかもしれません。

おわりに

年収1,000万以上の彼氏なら、なんでも買ってくれそう! なんて安易に思ってしまいそうですが、実は、そうでもないみたい。

自分なりのポリシーを持っていたり、ケジメをつけられたり、お金だけではない「俺の彼女のココが自慢!」というポイントがあるからこそ、彼らも、彼女たちに惹かれるのかもしれません。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - ハイスペック男子に聞いた!年収1,000万以上の彼氏がいる女性の共通点
今読んだ記事

ハイスペック男子に聞いた!年収1,000万以上の彼氏がいる女性の…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事