“あるある”と共感する人続出の動画で見えてくる理想の働き方 「オー人事」CMが攻めてる!

【動画/モデルプレス】ショッピングをしているとよく耳にする、「私も持ってます」「これ最後の1足です」という店員さんの接客。お気に入りのショップに気心の知れたアパレル店員さんがいるという人もいるはず。そんなアパレルの世界で接客に奮闘する店員さんの気持ちを反映したようなCMが、「共感できる」「結構好き」「他のCMも気になる」と話題になっています。
“あるある”と共感する人続出の動画で見えてくる理想の働き方 「オー人事」CMが攻めてる!
“あるある”と共感する人続出の動画で見えてくる理想の働き方 「オー人事」CMが攻めてる!
ほしいものを一緒に探してくれるアパレル店員さんの存在は、心強いですよね。しかし一方で、いろいろなお客さんとコミュニケーションを取るのって大変そう…と思ったことのある人もいるのでは?

動画の中の店員さんも笑顔でどんな要望にも応える接客が印象的。

ところが「いいの撮れた」「盛れてる」「また来ます」と試着した姿を自撮りするだけで、何も買わずに立ち去っていくお客さん。それを見た店員さんの驚きと落胆の表情に、思わず同情してしまいます。


アパレル店員として働くこの女性が、お客さんが立ち去った後「サービスって何だろう?」という思いを抱き、自分の働き方を考えるというこの動画。

サービス業を経験したことのある人は思わず“あるある”と共感するのではないでしょうか。

私が楽しく働ける仕事は?


みんなが探してる!自分らしく働ける職場

この動画は、「職場に恵まれなかったら、オー人事オー人事で検索」というフレーズで有名な人材総合サービスを手掛ける「スタッフサービス」が、初めて「オー人事」のCMを放映してから20周年を記念して公開したCMの中の1つ。

人生の中で働く時間は多くの割合を占めるからこそ、好きなことや、やりがいを感じられること、自分に合った仕事を求めて職場を決める人も多いでしょう。

しかし実際に働いてみると、好きだからこそ、憧れと現実とのギャップを感じてしまうこともありますよね。

「はたらく環境はこの20年で大きく変わってきましたが、職場におけるミスマッチは変わらずおきています」とスタッフサービスのプロモーション担当者は話します。なかなか理想の仕事に巡り合えなかったり、仕事をしてみて初めて合っていないなと気づくことは、決して珍しいことではないんですね。

もっと視野を広げ、いままでとは違う職種にもチャレンジしてみようかなと思い立っても、そもそも自分に合う職場がわからなかったり、書類選考や面接など就職活動が思うように進まず、不安を覚える人も少なくないのではないでしょうか。

自分に合った仕事をしたい


理想の働き方って?

未経験だけど頑張りたい!という求職者の想いと、意欲のある若手社員がほしいという企業の希望をマッチングするために、スタッフサービスが2014年に立ち上げたのが、事務職の無期雇用派遣をおこなう“ミラエール”。事務職で働きたい人をスタッフサービスが社員として無期雇用で採用し、企業に派遣するというサービスです。

採用時は、経験ではなく仕事に対するモチベーション、成長意欲といったポテンシャルや適性を大事にすることで、その人に合った派遣先企業への配属を可能にしています。

安定した給与形態や研修制度の完備などはもちろん、一人ひとりに担当カウンセラーがつき、キャリアに伴走するためのフォロー体制にも力を入れています。

評価による昇給や賞与もあるので、頑張った自分へのご褒美ができ、仕事へのモチベーションにも繋がりますよね。

最近では産育休を取得したのちに職場へ復帰する人も増えてきているそう。女性の「プライベートも仕事も上手に両立していきたい」という思いを応援してくれるサービスですね。

充実した制度が魅力(Photo by vpardi/Fotolia)
充実した制度が魅力(Photo by vpardi/Fotolia)

新しい働き方を見つける!


自分らしく働くために

とはいえ「就職活動ってどう進めればいいの?」「未経験の自分でも大丈夫かな?」と不安もありますよね。

そこで実際にミラエールで働く小林美樹さんと吹浦唯さんに直撃インタビュー。販売員から事務職へ転職した時の様子を聞いてみました。

○小林さんの場合

小林美樹さん
小林美樹さん
― 事務職未経験で採用アシスタントの仕事に就くことができた小林さん。以前はどんなお仕事をしていたんですか?

小林さん:アパレルの販売員をしていました。

― 未経験の事務職への転職、不安もあったかと思いますが実際どうでしたか?

小林さん:全然違う職種だと思っていたので、不安はありました。でも、いまは採用アシスタントとして働くにあたって、アパレル販売員の時の経験を活かせているなと思うことも多くて。

― 前職の経験も活かせているんですね。具体的にどんなところですか?

小林さん:販売職の時に学んだ“スピード感ある対応”と“店舗やブランドの顔であるというプロ意識”ですね。素早い対応を求められることも多いですし、採用は会社の顔としていろいろな方とコミュニケーションを取るので、どちらも現在のお仕事にもしっかり活きているなと感じています!

― 積み上げてきた経験を発揮できる場所ということですね。ありがとうございました。

前職の経験を活かしながら、未経験の事務職で日々頑張っているとお話してくれました。

○吹浦さんの場合

吹浦唯さん
吹浦唯さん
― 販売員から次のステップとして事務職を選んだ吹浦さん。販売職の時はすごくお忙しかったみたいですね。

吹浦さん:店長もやらせてもらっていて、毎日忙しく過ごしていましたね。

― どうして事務職になろうと?

吹浦さん:店長として忙しい日々を過ごしていたというのもあり、自分の時間を持ちたいというのと次のステップとして他の職種にチャレンジしてみたいと思ったのがきっかけです。

― 販売員から事務職への転職は環境の変化など不安もあったかと思いますが、実際はどうでしたか?

吹浦さん:たしかに最初就職活動を始めたころは不安ばかりでした。でもいまはミラエールで、担当のカウンセラーやミラエール社員の仲間の存在に支えられて、新しい環境への不安を感じることなく毎日充実して過ごしています!

― 希望通りの次のステップに踏み出すことができたんですね。ありがとうございました。

何でも話せる人がそばにいることで、自分らしくワークライフバランスを充実させることができているようです。

自分らしく働くために(Photo by Africa Studio/Fotolia)
自分らしく働くために(Photo by Africa Studio/Fotolia)

“ミラエール”が気になる



「サービスって何だろう…?」「事務職にチャレンジしてみたいな」、そう思った時に“ミラエール”があなたの味方になってくれそう。

自分らしく働きたいと感じている人にとって、可能性を広げる一歩かもしれません。

職場や一緒に働く人との出会いは人生を左右することだから、自分が納得する形で選びたいですよね。

自分らしくキラキラした毎日を送れる仕事、探してみませんか?(modelpress編集部)[PR]提供元:株式会社スタッフサービス
モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - “あるある”と共感する人続出の動画で見えてくる理想の働き方 「オー人事」CMが攻めてる!
今読んだ記事

“あるある”と共感する人続出の動画で見えてくる理想の働き方 …

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事