男性に深く愛される女の特徴5つをチェック 「一生傍に居て欲しい!」

【恋愛コラム/モデルプレス】長く付き合っている彼氏にも常に大切にされていて、男女問わず愛される女性っていますよね。好きな人や周囲から愛され続けたいというのは、多くの女性が望むことではないでしょうか。そんな愛される女性になるにはどうしたら良いの?愛される女性の特徴を5つチェックしていきましょう!
男性に深く愛される女の特徴5つをチェック 「一生傍に居て欲しい!」/photo by GIRLY DROP
男性に深く愛される女の特徴5つをチェック 「一生傍に居て欲しい!」/photo by GIRLY DROP

男性に対する過度な期待を捨てる

女性は付き合った男性に対して過剰に期待をしてしまいがちですが、その期待に男性が応えてくれないと勝手に傷つくこともあります。

男性も期待されるのは嬉しいことですが、女性のわがままな期待を勝手に押し付けられてしまうこともしばしば。

愛される女は男性に過度な期待をせず、その人がしてくれることを純粋に受け止めることができるから幸せを感じやすいのです。

だから、「本当はこうして欲しかった」なんて言葉は出ませんし、男性との信頼関係も築きやすいためいつまでも愛される女でいられます。

男女問わず色んな人を愛する

冒頭で触れたように愛される女というのは付き合った男性だけに愛されるのではなく、男女問わず多くの人に愛されます。

それは愛される女自身が男女問わず色んな人を愛して、愛を持って周囲の人に接しているからなのです。

人は愛情を向けられれば悪い気分にはなりませんし、その相手を自分も愛したいと感じるものです。

だから、「異性だから愛そう」と考えるのではなく、色んな人を愛して自然と愛される女になるように意識してみてください。

周囲からの評価が高いのも好印象(Photo by Syda Productions)
周囲からの評価が高いのも好印象(Photo by Syda Productions)

愛される女は自分の意見を持っている

男性の言うことを、はい、はいと何でも聞いて、言いなりになるのは愛される女性ではなく都合のいい女だと言えます。

そういう女性は最初のうちは良い子だと思われますが、次第にそれが当たり前になると大切に扱われなくなってしまうことが少なくありません。

愛される女は自分の意見をしっかり持っていて、もし男性が間違ったことや意に反することをしたらきちんと注意します。

そうすることで都合のいい女にはなりませんし、男性は自分をきちんと見てくれるという部分で信頼を寄せるでしょう。

オンとオフの使い分けが上手

仕事中は仕事に集中する、休日はしっかりと休んで遊ぶ、簡単なことですが案外出来ていない人が多いです。

愛される女はそういったオンオフの使い分けが上手で、職場での信頼も厚く彼氏の前で疲れを見せるようなことがありません。

また、会う人や場所によってもオンオフの切り替えが出来るので、常識のある好感度の高い愛される女になるのでしょう。

つい仕事中にスマホをいじってしまう、休日はゴロゴロしてしまうという人は、まず生活態度を見直してみてください。

楽しく明るい雰囲気を作れるのも愛される女の特徴

やはり愛される女は「一緒にいて楽しい」とか「癒される」と思わせるような、楽しく明るい雰囲気を作ることが出来ます。

だから人が集まる場所に呼ばれることも多く、そこでも注目を集める人気者であることも珍しくありません。

当然彼氏としてはそういう彼女が自慢になりますし、2人でいる時も明るい雰囲気を作ってくれる女性を好きで居続けるのです。

無理に笑ったり我慢して明るく振る舞ったりする必要はありませんが、自分と周りの人たちの両方が楽しめるような雰囲気を作ることが出来ます。

男性が離したくないと思う女性になることが大切(photo-by-StockPhotoPro/Fotolia)
男性が離したくないと思う女性になることが大切(photo-by-StockPhotoPro/Fotolia)

付き合いが長くなるほど仲良くなるカップルの特徴5つ


いかがでしたか?

愛される女になるのは難しいと決めつけて、努力をしていない人はたくさんいるでしょう。

しかし本当は少しの努力と意識を変えることが出来れば、愛される女になることはそこまで難しいことではありません。

愛されれば自分に自信を持つことも出来てポジティブになれるので、出会いや人との繋がりが増えるのは間違いないのです。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 男性に深く愛される女の特徴5つをチェック 「一生傍に居て欲しい!」
今読んだ記事

男性に深く愛される女の特徴5つをチェック 「一生傍に居て欲し…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事