男性が「女の子っぽいけれどそそられない……」と思う女性の口癖って?

記事提供:愛カツ

女性らしい発言や言い回しは、男性にドキッとしてもらう要素になります。

しかし女性らしさが悪目立ちしてしまい、彼らから「そういう考えの子はちょっと苦手かも……」と思われてしまうことも。
そこで今回は「男性が『女の子っぽいけれどそそられない……』と思う女性の口癖」についてご紹介します。

1、「かわいい!」

・「明らかにかわいい売りしていない男性芸人にまで『かわいい』という彼女。どうしてそんな発想になるのか理解ができない」(31歳/営業)

たしかに男性ってあまり「かわいい」とは言わないですよね。それに比べてことあるごとに「かわいい」を連発する女性って多いもの。何にでも「かわいい」と言っている女性を見ると、「人生お気楽そうでいいなぁ……」「それちゃんと考えて言ってる!?」と思ってしまうようです。

2、「自分へのご褒美」

・「たまに『頑張った自分へのご褒美!』って言葉を聞くけれど、安っぽいなぁ……と思ってしまう」(28歳/接客)

ちょっと奮発したいときは、「たまには自分にご褒美をあげてもいいよね!」と言い聞かせて購入をする人もいるはず。もちろん心の中でそう唱えるのは問題ありません。ただ男性の中には「何をそんなに頑張ったの?」「そうやって言い訳をしていつも散財しているのかな……」と誤解する人もいます。商品の写真とともに「自分へのご褒美で買いました!」などとSNSにアップするのはやめておいたほうが良いかも。

3、「ヤバい~!」

・「何かあるたびに『ヤバい~!』っていう子多くないですか? 興奮しているのはわかるんだけど、もうちょっとおしとやかなほうが良いと思う」(34歳/教育)

これもつい無意識に使ってしまうワードですよね。テンションが上がって楽しそうにしているのはかわいらしいのですが、「ヤバいヤバい!」と連呼している姿は少し品がないかも。
「どうしよう! 嬉しい!」などの言葉に変えたほうが、女性らしさは出るかもしれませんね。

4、「どうしたら良いと思う?」

・「『この服どっちが良いと思う?』とかですかね。たまにならいいけれど、毎回聞かれると面倒くさくなってくる」(26歳/営業)

優柔不断で他人の意見を聞くことが当たり前になっている女性はいませんか? でも本当は自分の中で答えが出ていることがほとんどなんですよね。また聞かれた男性も「俺にそんなこと聞かないでくれよ……」と困ってしまいます。自分のことは自分で決めたほうが、男性からも好まれるはずですよ。

おわりに

女性特有の口癖が、異性からは反感を買ってしまうことがあるようです。
いま一度自分の口癖について見直してみましょう!(和/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - 男性が「女の子っぽいけれどそそられない……」と思う女性の口癖って?
今読んだ記事

男性が「女の子っぽいけれどそそられない……」と思う女性の口癖…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事