自分の魅力をアピールするときに気をつけたい3つのこと

記事提供:愛カツ

恋活、婚活の中で、あなた自身の魅力をアピールすることはとても大切です。

しかし、一歩間違ったアピールの仕方をすると、途端にライバルに抜かれてしまうことも。。。

今回はアピールするときに気をつけたい3つのことについて考えてみましょう。

1:一気に伝えない

あなたの魅力を全部一気に伝えるのは控えましょう。アピールし過ぎると相手に感じられると相手は疑いモードに入ってしまいます。

短い時間の場合、あなたの一番知ってほしいアピールポイントに集中するようにしましょう。

また、アピールはほどほどにして、相手の良い部分やあなたとの共通点を聞き出すところに時間を多く持つようにしましょう。

2:アピール返しをしない

相手がアピールをしてきたということは、あなたにそれをキャッチして興味を持ってほしいというサインです。

しかしながら、多くの方は、「私も・・・です。」「私は・・・です。」という形で、相手ではなく自分の返事をしてしまいます。

アピールされた場合は、相手の話しをさらに掘り下げるようにして、好印象を持ってもらうようにしましょう。

その方が途中で遮ったり、アピール返しをしてあなたの話しにするよりも、相手の印象は良くなります。

3:長々と話す

たとえば1つのアピールポイントだとしても、長々と話しをしてしまっては、相手のことを知る時間が取れません。

日頃からアピールポイントは、5秒バージョン、15秒バージョン、30秒バージョン、1分バージョンといったように長さを決めて、そこで言えるように練習しておきましょう。

たとえば、お話しをしている時は15秒バージョン程度しか時間が無かったとしても、帰りのエレベーターや駅までの帰り道などで1分バージョンを話すタイミングというのもチャンスとしてはあります。

臨機応変にアピールの長さを変えつつも、外さない表現というのを磨いてみましょう。

恋活、婚活の初対面は限られた時間になることがほとんどです。今回のヒントも参考にしながら、あなたの魅力を効果的に伝えるにはどうすれば良いか考えてみてください。

お坊さん        恋愛コーチ さとちゃん 合掌

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
愛カツ
モデルプレス - 自分の魅力をアピールするときに気をつけたい3つのこと
今読んだ記事

自分の魅力をアピールするときに気をつけたい3つのこと

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事