キスの意味まとめ|男女・関係性・部位によっても違う?

【恋愛コラム/モデルプレス】“キス”と一言で言っても、その種類はたくさん。そんな様々なキスの意味をまとめました。男女で異なるキスの心理や特徴、シチュエーション別に見るキスの意味、またキスをするパーツごとにも違った意味があるといいます。キスの種類とその意味を知れば、相手の本心がわかっちゃうかも?
キスの意味まとめ|男女・関係性・部位によっても違う?/photo by GAHAG
キスの意味まとめ|男女・関係性・部位によっても違う?/photo by GAHAG

目次

  1. キスの種類はたくさん!それぞれに意味がある?
  2. キスの意味【男女による違い】
  3. キスの意味【関係性による違い】
  4. キスの意味【部位による違い】
  5. キスを通して相手の気持ちを読みとって

キスの種類はたくさん!それぞれに意味がある?

「キス」という行為は、恋人同士にとっては当たり前のシンプルな愛情表現のひとつですが、それだけではありません。

例えば、出会った人と挨拶の意味でほっぺにキスを交わしたり、付き合っていない異性から突然おでこにキスされたり…相手やシチュエーション、さらにはキスをする部位によっても意味が変わってくるものです。

「あの日のあのキスはどういう意味だったの?」「どんな気持ちでキスしてきたの?」そんな気になる相手の本心を探るべく、今回は様々なキスの意味について見ていきましょう!

キスの意味【男女による違い】

男女で恋愛に対する考え方に違いがあるように、キスの心理にも男女でそれぞれ異なった特徴があると言われています。

〈男性のキスの心理と特徴〉

男性のキスの心理と特徴/photo by GAHAG
男性のキスの心理と特徴/photo by GAHAG
男性にとって、女性へのキスは、性的な意味合いが強いと言われます。

いわゆる男性がもつ子孫繁栄の本能から、キスはムードを高めるための行為。というのが男性のキスの心理です。

また、女性のか弱い部分を見ると、「守ってあげたい」という心理でキスをしたくなるのも男性のキスの特徴と言えます。

〈女性のキスの心理と特徴〉

女性のキスの心理と特徴/photo by GAHAG
女性のキスの心理と特徴/photo by GAHAG
女性にとって、男性へのキスは、相手との愛を深めるためのコミュニケーションを意味していると言われます。

キスを“プロセス”と捉える男性に対し、女性はキスという行為そのものに意味を求め、強い感情を抱く傾向にあるのが特徴です。

「愛している」「もっと愛してほしい」といった、言葉にできないほどの愛情をキスで訴え、気持ちを満たしているのでしょう。

また、寂しさからキスをしたくなるのも女性のキスの心理の特徴と言えます。

女性からキスするおすすめのタイミング



こうして男女のキスの意味の違いを見てみると、女性が好きな男性とのキスに対して「そっけない」「もっと大切にしてほしい」と感じてしまうことがあるのは、本能的な男女のキスの心理の違いが原因とも考えられるでしょう。

もし彼氏とのキスに物足りなさを感じているのであれば、どうしてほしいのか言葉ではっきりと伝えたり、たまには自分からリードしてみるのがおすすめですよ。

キスの意味【関係性による違い】

男女のキスは必ずしもカップルや夫婦だけとは限りません。付き合う前の男性や別れた元カレがキスをしてきたら…?

ここからは男女の関係性ごとにキスの意味をチェックしていきましょう。

キスの意味【関係性による違い】/photo by GIRLY DROP
キスの意味【関係性による違い】/photo by GIRLY DROP
|付き合う前

:下心、守ってあげたい、手に入れたい

:恋人関係になりたい

付き合っていない男女の場合、男性に比べて女性の方がキスに対するハードルが高い一方で、男性は勢いでもできてしまうのが特徴です。

男女問わず、付き合う前のキスは遊び半分の可能性も高いので、急いで次のステップに進まないように、ゆっくり慎重に見極めましょう。

|付き合っている時

:ムード作り、大切に思っている

:愛情表現、かまってほしい、寂しい

先にも述べたように、男性のキスはムード作りのステップであるとされていますが、本当に彼女を大切に思っている彼ほど、丁寧に時間をかけたキスをするとも言われます。

|別れた後

:未練、雰囲気に流された、やっつけ

:復縁したい、体の関係を持ちたい

一度付き合った男女は、別れた後でもキスに対する抵抗がなく、とくに意味はないが雰囲気でキスするという場合も多いです。

ただやはり、どちらかと言えば女性の方が「もう彼女じゃないからキスはしない」とはっきり線引をする傾向にあります。

今の恋人に不満があるやっつけだったり、懐かしさからその場の空気に流されてしまったり、様々なパターンがあるので、ヨリを戻したいと感じていても、キスできたからといって復縁の可能性が高いと簡単に捉えないほうが良いでしょう。

キスの意味【部位による違い】

さらに、キスをする体のパーツごとにも意味の違いがあると言われます。

もちろん、キスをする、あるいはされる場所には、人それぞれ好みがあると思いますが、ふと無意識でその場所にキスをしたような時には、次のような本音が隠れているのかもしれませんね。

キスの意味【部位による違い】/photo by GAHAG
キスの意味【部位による違い】/photo by GAHAG
|おでこへのキスは「友情」を意味する

おでこにキスするのは恋人同士とは限らず、友人への友情を示したり家族への愛情を示したりする時にします。

家族や友人に対しておでこ周辺にキスするのは「おめでとう」という祝福の意味や「ありがとう」という感謝の意味が含まれていることもあります。

また、恋人のおでこ周辺の場所へキスする場合は「可愛い」「ありがとう」という、愛おしさの現れであることもあるでしょう。

子供や動物などに対してもおでこにキスする事はあるので、愛でたい時の意味としても使われます。

恋人に対しての場合は外出先などキスで我慢できなくなりそうな場所で、自分を押さえるために口ではなくおでこにしているという男性もいます。

|まぶたへのキスは「憧れ」を意味する

憧れている相手を目の前にすると、唇ではなくおでこにキスをしてしまう男性が多いのです。

憧れということは「自分には手が届かないような高嶺の花である」という認識なので好きな気持ちを伝えられない相手にしてしまうキスなのです。

もし彼女である女性にまぶたへのキスをするのなら、恋人同士でありながら憧れられているという意味になるでしょう。

もしあなたが彼氏に対してそういう感情をもっているなら、憧れの気持ちを込めてまぶたという場所にキスしてみてください。

|髪へのキスは「愛おしさ」を意味する

女性の美しい髪は、男性の憧れでもあり女性の命でもあります。

そんな髪というお互いの大切な場所へのキスは、愛おしくて堪らないという意味を持っています。

恋人に対してだけでなく娘など無償の愛を注げる相手に、その気持ちを表現するためにしている男性もいるでしょう。

映画のワンシーンで見かけるようなロマンチックなキスなので、この場所にキスをする男性はロマンチストなのかもしれません。

もし髪にキスされたら「愛されている」ということに、自信を持っても良いのです。

|鼻へのキスは「愛玩」を意味する

小さいこどもやペットなどにも、鼻先へちゅっとキスする人は男女問わず少なくありません。

そんな鼻へのキスは愛玩を意味し、可愛らしいとか大切にしたいという愛情を表現するキスなのです。

何気ない仕草や表情にキュンとした時、思わずこの場所にキスをしてしまうという男性もいるようです。

鼻同士をくっつけるキスが「スメルキス」と呼ばれていますが、これはお互いを可愛いとか大切にしたいと思っているからこそできるキスです。

他の場所よりもいやらしさがないので、気軽にできるという人も多いでしょう。

|首へのキスは「執着」を意味する

首筋周辺というかなり接近しないと出来ない場所へのキスは、執着という意味を持ちます。

離したくない気持ちや強く惹かれている状態が、執着している状態だと言えるでしょう。

女性の首は男性から見て細く守ってあげたい気持ちを呼び覚まし、また自分の中に収めておきたいという独占欲を刺激します。

そのため、少し束縛の強い男性や愛情表現の激しい男性は首筋周辺の場所にキスをすることが多いでしょう。

キスを通して相手の気持ちを読みとって

キスを通して相手の気持ちを読みとって/photo by GAHAG
キスを通して相手の気持ちを読みとって/photo by GAHAG
キスをしてきた相手との関係性やその体の場所による意味を知ることによって、相手が自分に対してどんな感情を抱いているのか気持ちを確かるひとつの指標にもなりますよね。

彼氏が普段あまり言葉や態度で愛情表現をしてくれなくても、キスで本当の愛情が分かるかもしれません。

あなたからキスをするときも、ここでご紹介した「キスの意味」を相手へのメッセージとして少し意識してみると良いのでは?(modelpress編集部)

上級者向け?ちょっぴり刺激的なキスの種類まとめ



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - キスの意味まとめ|男女・関係性・部位によっても違う?
今読んだ記事

キスの意味まとめ|男女・関係性・部位によっても違う?

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事