「もしかして私のこと好き?」あいまいなアプローチを見極める!

記事提供:ハウコレ


20160115021107-3290-382_raw.jpg
みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。
「草食系男性が増えた」だけでなく、SNSやアプリでのつながりから、告白どころか「好き」という気持ちすら伝えにくい時代になりました。
そのため男性からのアプローチはあいまいなものが多く、「もしかして私のこと好き?」「どういうつもりなの?」と期待したり、戸惑ったりすることが多いと思います。
ただ、男性たちから見たら、それでも精一杯のアピールであり、「気づいてほしい」と思っているもの。もしあなたもまんざらでなければ、アピールに気づいてそれなりのリアクションを取りたいところです。
今回はそんな男性のわかりにくいアプローチを紹介していきましょう。

1.細かいところまでホメられる

「その服いいね」「髪型かわいいね」など、パッと見てわかる外見は、誰に対してもホメることができます。
一方、好きな女性に対しては「そのピアスと時計かわいいね」「前の髪型もいいけど、今の髪型もいいね」などと細かいところまでホメたがるのが男心。
よく見ているから気づけるのであって、あなたのことをそれだけ気にかけているとも言えます。
ときには的外れなホメ言葉もありますが、そんなときも「〇〇くんこそ、〇〇がいいね」とホメ返すことで、確実に2人の距離を縮めていきましょう。

2.大丈夫なのに心配される

「疲れた?」「仕事大変じゃない?」「寒くない?」と気をつかうような発言が増えたら、好意以外の何物でもありません。優しさというより、「単に話しかけたい」「いい話題が見つからなかった」というケースが多く、あなたとの接点を何とか見つけようとしているのです。
そんなときは遠慮することなく甘えたり、頼ったりしてしまいましょう。何の問題もなかったとしても「大丈夫」と正直に話してしまうと、男性はなぜか拒絶されたような印象を受けてしまうのでご注意を。

3.やたらシンクロしたがる

「オレも同じものをください」「オレもそう思う」「わかるわかる」「気が合うね」などと、彼があなたの言動に2回以上合わせようとしたら、「仲よくなりたい」と思っているのは間違いないでしょう。
「意気投合してデートに誘いたい」と思っている可能性も高いので、「デートくらいしてあげてもいいかな」という男性なら、食べ物、店、イベントなどの話題を出してアシストしてあげましょう。
彼があなたに合わせたがるのは、外見を気に入っているからであり、考え方や行動がシンクロしたら、「好き」というハッキリとした気持ちが芽生えるものです。

4.おバカ話や軽いウソが増える

ペラペラの自慢話をしたり、趣味のことを熱く語ったり、ウソとわかるような見栄を張ったり・・・・・・いずれも女性から見たら「バカだな」と思うようなものでしょうが、男性たちにとっては真剣なアピール。気になる女性の前で、つい自分のことを大きく見せようとしてしまっただけなのです。
また、あなたの話に対して、知らないにも関わらず「そうそう」と話したり、「聞いたことがある」などと軽いウソをついたりしたときも好意がある証拠。笑って受け流して、そのまま会話を続けましょう。

できるだけ早くOKサインを出す

男性たちがあいまいなアプローチをしてしまうのは、あなたの反応を確かめたいから。「彼女の反応がよければ、もう少し前向きにアプローチできるのに・・・・・・」と思いながらしているのです。
ただ、好意を寄せられているといっても、安心はできません。「反応がよくなければ他の子にしようかな」とも思っているので、女性側もそれなりのOKサインを出すようにしましょう。「それくらいの気持ちしかないならお断り!」なんて言っていたら、なかなか恋ははじまりません。
そもそも恋人同士になる前は相手のことをあまり知らないため、「すごく好き」という気持ちのほうがウソくさいのです。
少しでも「ちょっといいな」と感じた男性なら、笑顔でよい反応を返してあげてみてはいかがでしょうか。(木村隆志/ライター)
(ハウコレ編集部)(平尾優美花/モデル)(柳内良仁/カメラマン)


【Not Sponsored 記事】
ハウコレ
モデルプレス - 「もしかして私のこと好き?」あいまいなアプローチを見極める!
今読んだ記事

「もしかして私のこと好き?」あいまいなアプローチを見極める!

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

「コラム」カテゴリーの最新記事