好感度UP「可愛げ」をモノにする方法5つ

【モデルプレス】特別に美人っていうわけでもないのにモテている女性っていますね。 それは「可愛げ」が関係しているのかもしれません。恋愛においてだけではなく「可愛げ」のある女性はどんな場所でも大人気。

そんな「可愛げ」をモノにできるのならば、その方法を知っておきたいですよね。

そこで今回は「好感度UP『可愛げ』をモノにする方法5つ」をご紹介いたします。

好奇心を持つ

男性は、自分の話を興味あり気に聞いてくれる女性に「可愛げ」を感じます。興味のない話につまらなさそうな表情や態度になっては可愛げがありません。

それを避けるためには何事にも好奇心を持とうする事です。

「この話題は絶対に興味が無い」と決めつけて話題にあがった瞬間から聞くのをやめてしまっている事柄などありませんか?

最初から決めつけていたらつまらないのは当たり前、しっかりと聞いていくと実はとても興味が湧いたりするかもしれませんよ。「興味があるかもしれない」と思って聞くようにしましょう。

笑顔でいる

いつも楽しそうだなということが分かりやすく伝わるのが「笑顔」。笑顔は周りの人だけではなく、自分にとっても良い事だらけなんです。

笑顔になる事で「幸せホルモン」が体の中に多く分泌され、リラックス効果やイライラの減少に繋がりますよ。

そうすると人に優しくなれたり穏やかになれたりと好循環が作り出せちゃいますね。

素直に言葉にする

自分に言い訳なんて可愛くないですよね。自分が悪いのに素直に謝れなかったり、「ありがとう」を素直に言えなくなったり…。

素直な気持ちを言葉にする事は相手の心に真っ直ぐ伝わります。余計な言い訳なんて言わず、ただ素直な言葉を伝えるだけで「可愛げ」は作り出せますよ。

面と向かって言うのがどうしても恥ずかしい…という人はメールや電話で勇気を出すことから始めてみてはいかかでしょうか。

すべてに理由を求めない

すべてに理由を求めたがる人は「どうして?」「なぜ?」と言ってしまいがち。すぐに頭で考えてしまうため、頭のかたい人と思われてしまいます。

そうすると、融通がきかない人や頑固者だと思われてしまい「可愛げ」なんて感じてもらえません。

考える事は大切ですが、物事を柔軟に考えられる思考も持ち合わせておきましょう。

甘える

甘える事ができない人は「可愛げ」があるかないかで言うと「ない」と判断されてしまいます。

甘える事に慣れていない人は、人を信頼して自信を持つ事から始めましょう。

心のどこかに自分の方が優れていると思っていたり、頼っても嫌がられるのではないかと不安に思ったりしている事が甘え下手に繋がっているのです。

そこさえ改善できたら、甘え上手になることは難しいことではないですよ。

いかがでしたか?

「自分って可愛げないな」と感じてしまう事もありますよね。もっと素直になれればいいのに…もっと甘えられたらいいのに…と悩んでいる女性はこれらを参考にしてみてはいかがでしょうか。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 好感度UP「可愛げ」をモノにする方法5つ
今読んだ記事

好感度UP「可愛げ」をモノにする方法5つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事