美容院でセットしてもらったときにはいい感じだったのに、自分でセットしたらうまくいかない……。そう感じたことのある人も、意外と多いのでは? 髪のお悩みを解消するための、正しい髪の乾かし方からスタイリング方法まで、美容師さんに聞いてみました。

■美容師さん直伝の、ドライヤーでの髪の乾かし方

―どうすれば、美容院での仕上がりと同じようなスタイルが作れますか?

「仕上がりの差には、髪の乾かし方が関係しています。髪は、ある一定の量の水分を保つ性質があり、ダメージのある部分では水分を保ちづらいなど、1本の髪の中でも水分量がちがいます。1本の髪の中で、水分量が一定に保たれていれば、広がりがなく、ツヤのある仕上がりになります。水分量を一定に保つためには、次のような乾かし方をしましょう。
1 毛先よりもまず根元の水分を乾かす
2 次に、根元から毛先に向かって徐々に乾かす
こうすると水分量が一定に保たれて、キューティクルもきれいに重なります。ダメージがある場合は、洗い流さないタイプのトリートメントを使って、根元より先に毛先が乾かないようにしましょう。そうすると、いつもより広がりのないスタイルに仕上がるはず」

■タイプ別、悩み解消法

―髪のクセの悩みっていろいろありますよね。これも乾かし方で解消できますか?

「よくある悩みについて、それぞれに合う乾かし方をお答えしましょう」

【前髪が浮いてしまう】
1 髪全体をドライヤーで半乾きにする
2 ドライヤーの熱風を前髪に当てる
3 ドライヤーを止めて、手のひらで前髪をピタッと押さえる
4 前髪の浮きがおさまったら、そこにドライヤーの冷風をあてる

【外ハネを内巻きにしたい】
「寝ている間などに根元がつぶれてしまうと、外に向かってハネやすくなります。根元を起こすようにすると全体がふんわりし、内巻きになりやすいですよ」

1 全体をドライヤーで乾かす
2 8割くらい乾いたら、根元を浮かせるイメージで、手グシで髪を持ち上げながら、根元に下からドライヤーを当ててボリュームを出す

「ハネはスタイリング剤で直すのは難しいので、乾かすときにクセをとったほうがまとまりやすくなります」

【ボリュームが出すぎてしまう】
「ボリュームが出る人は、乾かすときに上から押さえつけてしまいがちですが、根元を一度浮かせるように乾かしてみてください」

1 全体をドライヤーで乾かす
2 乾いてきたら、根元を浮かせるイメージで、下からドライヤーを当てる
3 スタイリング剤でボリュームを押さえるようにセットする

「毛先まで自然な状態でまとまりをよくしたあとに、ボリュームを押さえるのがコツです」

美容師さん曰く、「水分量やクセは人それぞれ。自分の髪の量や質に合わせて乾かす時間などを調整しつつ試してみてください」とのことでした。これからは、乾かし方にも気をつけながら自分の髪のクセと付き合っていきたいものです。みなさんは、どんな髪の乾かし方をしていますか?

(栗本千尋+プレスラボ)

【関連リンク】
【働く女子の実態】ダメージヘアを改善! 簡単ヘアケア法って?
【escala美容白書】髪を染めていますか?
【働く女子ランキング】使ってみたいヘアアクセサリーって?


【Not Sponsored 記事】
マイナビウーマン
モデルプレス - 美容師が教える「髪のお悩み解消術」
今読んだ記事

美容師が教える「髪のお悩み解消術」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

「コラム」カテゴリーの最新記事