家庭用脱毛器のVIOへの効果は?VIOのおすすめ脱毛器を解説

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでアンダーヘアの処理をお願いするのは恥ずかしいもの。だから自分でVIOを処理できる家庭用脱毛器(光美容器)を手に入れたい人は多いはず。

そこで、セルフでVIOをケアするにはどんな家庭用光美容器が良いのかを説明し、おすすめの家庭用光美容器をご紹介します。

※本記事では、家庭で使用ができる脱毛器のことを光美容器と表記しています。
家庭用脱毛器のVIOへの効果は?VIOのおすすめ脱毛器を解説
家庭用脱毛器のVIOへの効果は?VIOのおすすめ脱毛器を解説

VIOへの使用におすすめな光美容器のポイント3つ

VIOに適した家庭用光美容器を選ぶなら痛みはできるだけ少ないものが良いし、長年使っていくことになるのでコスパも気になります。

いくらいい家庭用光美容器でも、続けていくための費用が高いと継続できず、宝の持ち腐れになってしまいます。

VIOへの使用におすすめな家庭用光美容器を選ぶ上で、重要視するべきポイントは3つあります。

1.1発あたりの照射費用が安いこと

1つめは、1発あたりの照射費用です。いくら性能が良くても、お値段が高いとつらいですよね。

一方で、安いけれど機能が不足していたりお手入れ時に痛みがあったりすると長続きせず、結局はコスパが悪くなります。

値段と機能のバランスが取れた家庭用光美容器を選びましょう。

2.VIO専用の光美容器である、またはVIOへの使用ができること

2つめは、VIO専用の光美容器またはVIOへの使用ができる光美容器であることです。

VIOのケアをしたいのに、できないのなら購入しても意味がありませんよね。そのため、選択基準の1つとして必ず確認しましょう。

3.痛みが少ないこと

3つめは、お手入れ時の痛みが少ないことです。

VIO部分は非常にデリケートで、脱毛サロンやクリニックで脱毛する際にも痛みを感じやすい部分です。

あまりの痛さに、脱毛を諦めてしまう人も少なくありません。

そのため、お手入れする際に痛みが少ない光美容器を選ぶようにしましょう。

デリケートゾーンを処理する家庭用光美容器を選ぶ時のポイントが整理できたところで、実際におすすすめの家庭用光美容器をご紹介します。

VIOのケアに効果を実感しやすい!今おすすめの光美容器ランキング

家庭用の光美容器はたくさん販売されていますが、どれを選んだらよいのか分からない人は多いはず。ここではVIOに適したおすすめの光美容器を3つご紹介します。(※ケノンのみ税込み表記)

1.脱毛ラボ ホームエディション

脱毛サロン・脱毛ラボが考案した脱毛ラボ ホームエディションは、サロンと同レベルのパワーでお手入れできる(※1)と評判の家庭用光美容器です。

脱毛ラボ ホームエディションなら、冷却クーリング機能があるため肌が繊細なVIOのお手入れ時の痛みが少なく(※2)、照射出力レベルを5段階に微調整できるので敏感肌の方でも使いやすい家庭用光美容器です。

さらに連射モードを使えば、VIOや顔を含む全身のお手入れがたった15分で完了(※3)するため、隙間時間に使用できる点もメリット!

16時30分までの注文(土日祝は11時まで)なら当日出荷ですぐ届く脱毛ラボ ホームエディションで、今すぐ自宅でVIOのお手入れを始めてみましょう!

本体価格
64,980円
光美容器の特徴
277gの軽量サイズ!VIOのケアでも腕が疲れない
照射レベル
5段階

脱毛ラボ ホームエディションを購入する


2.ケノン

ケノンは、Vラインの太くて濃い毛でも納得いくまで照射できる(※2)照射回数の多さが特徴です。

ただし、ケノンはVライン、Iライン、Oラインの中でもVラインにしか使えないので、VIOを全て処理したい方は要注意!

ケノンはVラインを処理し忘れた方や、IラインとOラインを除く全身のお手入れを続けたい方におすすめです。

本体価格
69,800円
光美容器の特徴
カートリッジ変更で剛毛の処理、スキンケア機能を使い分けできる!
照射レベル
10段階

ケノンを購入する


3.LAVIE(ラヴィ)光エステ光美容器

LAVIE(ラヴィ)光エステ光美容器は価格が安めながら、VIOに使える(粘膜を除く)光美容器です。

一方で、ラヴィは1照射ごとのチャージ時間が長い点や、照射回数が少ない点がネック!

本体価格
49,800円
光美容器の特徴
肌に反応する安全装置付きで、火傷のリスクが少ない!
照射レベル
7段階

LAVIEを購入する


おすすめ光美容器3つをコスパ・機能・痛みの面から徹底比較!

ここまで、3つの家庭用光美容器をご紹介しましたが、VIOにより適した家庭用光美容器はどれなのでしょうか。

先ほど挙げたポイントにそって比較してみましょう。

1発あたりの照射費用(コスパ)はどう?

はじめに、本体価格と照射数を比較してみましょう。

脱毛ラボ ホームエディション:64,980円(300,000発)
⇒1発あたり0.21円

ケノン(エクストララージ):69,800円(200,000発)
⇒1発あたり0.34円

ラヴィ:49,800円(100,000発)
⇒1発あたり0.49円

3つの中で本体価格はラヴィが最も安いですが、照射数が最多で1照射あたりの単価を見ると脱毛ラボ ホームエディションが最も魅力的だとわかります。

脱毛ラボ ホームエディションは、全身のケア1回分がたったの216円(※4)!VIOだけの処理なら1回100円未満でできる計算になります。(※3)

コロナウイルスの影響で脱毛サロンに通えていない人も、脱毛ラボ ホームエディションがあれば自宅でVIOの処理ができちゃいます。

VIO専用の光美容器もしくはVIOへの使用ができる機能がある?

次に、VIO専用の光美容器もしくはVIOに使用できる機能があるかどうかについてです。

VIO専用の光美容器ではありませんが、ケノンとラヴィは取り換え可能なカートリッジ式です。VIO専用のカートリッジを決めておくことができるので、衛生面では安心です。

VIOへ使用できる機能があるかどうかについてですが、実は、ケノンではデリケートゾーンのうち、IラインとOラインについては使用を推奨していません。

それに対して脱毛ラボ ホームエディションとラヴィは粘膜部分を除くVIOすべての部位に使用可能としています。

痛みは少ない?

最後に、痛みについてチェックしましょう。どの家庭用光美容器も、ケア方式は脱毛サロンで主流となっているフラッシュ式を採用しています。

脱毛サロンと同じ方式を採用しているため、痛みの度合いは出力の大きさによりますが、いずれの家庭用光美容器も出力を調整可能です。

よって、痛みの点ではほぼ互角で合格点と見ていいでしょう。

家庭用光美容器でVIOの黒ずみは消せるの?

おすすめの家庭用光美容器・脱毛ラボ ホームエディションでは、フラッシュ式を採用していますが、この方式は本来肌ケアのための美容技術でもあります。

アンダーヘアの自己処理でカミソリを使う頻度が少なくなるため、剃毛時の刺激による黒ずみは少なくなります。(※3)

家庭用光美容器でVIOを処理するときの注意点

自宅で家庭用光美容器を使ってデリケートゾーンの処理を行う場合、気をつけたい点は4点あります。

・照射前の剃毛は丁寧に行う
・照射部位の冷却をしっかり行う
・Iラインの粘膜部分やホクロなど特に黒い部分は光を吸収しにくい白いテープで保護する
・まずは弱めの出力から試す

特にVIOはデリケートで痛みを感じやすい部分ですので、照射前の剃毛と冷却はしっかり行い、痛みを少なくするようにしましょう。

これらの処理は、脱毛サロンで行うVIO脱毛時の処理と変わりません。

自分で照射範囲や出力レベルは調整できますので、張り切って高レベルにしたくなるかもしれませんが、痛みがどの程度なのかは未知数なので、いきなり無理はしないようにしましょう。

肌が繊細なVIOのお手入れでも痛みが少なく、VIOの3部位すべて(粘膜を除く)をケアできる家庭用光美容器は、脱毛ラボ ホームエディションがベストです。

公式サイトから申し込めば早く届いて、すぐ使える!

今から脱毛ラボ ホームエディションをVIOに使えば、夏場に急いで脱毛サロンに通う心配もありません。

脱毛専門サロンの技術で、VIOを自宅で処理したいアナタは、迷わず脱毛ラボ ホームエディションをチェックしてみてください!(modelpress編集部)[PR]提供元:株式会社PLUS

(※1)1平方cmあたりのジュール数が2.9Jで業務用と同じパワー。業務用のものは1平方cmあたり3Jなのでほぼ同等。ただし最大ジュール数でみた場合、業務用は最大3J×4.8cm×1.7cm=24.48Jであり、家庭用は最大2.9J×3cm×1cm=約10Jなので最大出力数は約40%程度になります。
(※2)効果には個人差があります。
(※3)個人差があります。
(※4)300回使用した場合。
モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - 家庭用脱毛器のVIOへの効果は?VIOのおすすめ脱毛器を解説
今読んだ記事

家庭用脱毛器のVIOへの効果は?VIOのおすすめ脱毛器を解説

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「美容」カテゴリーの最新記事