秋冬にやりがちなNGメイク&解決テク3選

0
1
コスメコンシェルジュ、美容ライターの斎藤明子です。秋のトレンドをメイクに取り入れて、季節に合った今っぽ顔に変身したいですよね。でもちょっと待って!この季節だからこそブス見えダサ見えしてしまうNGメイクがあるのをご存知ですか?今回はそんなNGメイクと解決法をご紹介します。

NGメイク1:明るすぎるカラーのリップ

明るいピンクや鮮やかなオレンジの口元は、眩しい光のもとでは印象的にうつりますが、秋冬には浮いて見えてしまうことも。

解決策 

この秋冬はくすみカラーとブラウンが大豊作!こっくりブラウン、またはピンクやオレンジ、テラコッタも、くすみニュアンスでぐっと垢抜けた印象に。クリーンでナチュラルな印象づくりにもぴったりです。

さまざまなトーンのブラウンやくすみカラーの中から、ぴったりのものを選んでみて! 

おすすめコスメ

画像左:キャンメイク メルティールミナスルージュ 06 ビタールビーチョコレート 800円(税抜)
大人気の生レアルージュ。新色は絶妙なくすみニュアンスのブラウンピンクです。こなれ感を最大限に狙えるカラーとしておすすめです。

画像右:キャンメイク メルティールミナスルージュ(ティントタイプ) T04 スウィートガナッシュ 800円(税抜)
透け感があって色が長持ちするティントリップに登場した新色も、垢抜けた印象のブラウン系。ナチュラルながらも洗練された雰囲気に。

NGメイク2:まぶたや涙袋にグリッターやラメをつけすぎる

涙袋やまぶたへのキラキラ投入は、華やかに顔色をぱっと明るく見せてくれますよね。気温の低下で肌色が沈みがちな季節ほどついつけすぎてしまいがちですが、やりすぎはNG!

ほんのちょっとのキラメキこそが、おしゃれに可愛く見せてくれるポイントになります。強調し過ぎは時代に合っていない印象にもなりがちなので注意しましょう。

解決策

アイメイクでは、まぶたにフィットする粉質の柔らかなマットアイシャドウがマスト。トレンドのくすみピンクやテラコッタのアイカラーで目を囲むだけで、グラデーションなしでも今っぽアイメイクが完成!

ラメやグリッターはポイントで使って、ハイライトは肌になじむ色をCゾーンだけに丁寧につけるのが◎。

おすすめコスメ

B IDOL THE アイパレ 05 予感のアプリコット 1,800円(税抜)

女子力オバケと名高いアカリンこと吉田 朱里さんプロデュースのB IDOLのアイシャドウパレット、こちらは2020年上半期のベスコスにも輝く大人気コスメ。

秋の新色は、確実にトレンド感を演出できるおしゃれな旬カラー。左上のレンガ色でにじませ囲み目メイクをすれば、すぐに今っぽ顔に!

NGメイク3:頬の真ん中の赤み系「やりすぎチーク」

秋冬はとくに、空気の寒暖差で頬の真ん中に赤みが出てしまうことがあります。頬の真ん中にピンクや赤のチークを塗ると、びっくりするほど赤ら顔に見えてしまうことがあるので注意しましょう。

解決策

ここ最近のメイクトレンドでは、目の下あたりよりも少し外側にチークカラーをほんのり利かせる方が人気のようです。

旬カラーのベージュやブラウンのチークはきちんと感とともに抜け感もあり、スタイリッシュさを装えます。旬顔に変身したい人はぜひシフトチェンジして!

おすすめコスメ

セザンヌ ナチュラルチークN 19ペールベージュ(画像左)・20ジンジャー(画像右) 360円(税抜)

高発色でありながら自然に仕上がる高コスパコスメとして人気のセザンヌのチークも、新色はベージュとブラウン。

19ペールベージュは、ほんのりパールの適度なツヤが上品なヌーディベージュ。20ジンジャーは柔らかなオレンジベージュ。さっとひとはけするだけで旬のこなれ顔に!

特に秋冬についやってしまいがちなNGメイクをピックアップしました。ご紹介した解決法をぜひ参考にして、旬のメイクを楽しんでくださいね。

※記事内の商品価格は筆者購入時の価格です。

michill (ミチル)
モデルプレス - 秋冬にやりがちなNGメイク&解決テク3選
今読んだ記事

秋冬にやりがちなNGメイク&解決テク3選

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「美容」カテゴリーの最新記事