「今っぽあか抜け眉」の作り方のポイント

記事提供:michill (ミチル)
眉毛はお顔の印象を大きく左右させるパーツですが、「眉メイクがうまくできない』「整え方が分からない」という方も少なくないはず!今回は、垢抜け眉毛の整え方・描き方のポイントを紹介させていただきます♡

眉脱色で垢抜け眉毛に

おうちで簡単に眉毛の脱色が出来る『ジョレン クリーム ブリーチ』。私は、こちらを使用して定期的に眉毛の脱色をセルフでやっています。

眉毛が暗いと眉毛が悪目立ちしてしまったり、目の印象が弱まってしまいます。眉毛を脱色することで、眉毛に抜け感が出て一気に垢抜けた印象に!

メイクによって眉毛の色味を変えたい時にも、暗い眉毛より脱色した眉毛のほうが色味が乗りやすく、おしゃれな印象も与えてくれます。

眉脱色前と眉脱色後を比較してみました。(前回の脱色部分が残っているので、眉脱色前も明るい部分がありわかりにくくなっていて申し訳ありません)

眉毛が太かったり、濃くて悩んでいる方にも眉脱色はオススメです!

ただ、眉の色味が薄すぎると逆にお顔の印象が薄くなりすぎるので、色の脱色具合には注意が必要です。

眉ティントで消えない垢抜け眉毛に

眉ティントで、落ちない垢抜け眉毛が作れます♡

お泊り・海やプール・忙しい朝に便利な眉ティント!塗ってはがすだけで描いた眉毛が消えずに残ってくれるアイテムです!

パウダーで描いたような自然な印象の眉毛になり、朝の眉メイクも少し書き足す程度で良くなるのでメイクの時短にもなります。

 脱色した眉毛に、フジコ 眉ティントのライトブラウンを使用。

眉頭から眉尻までしっかり綺麗に着色してくれます。長時間放置しても濃くなりすぎず、貼り付けたような眉にもならないのでペンシルで眉毛を描くのが苦手な方にもオススメです。

垢抜け眉毛の描き方とポイント

① 眉毛の終点に向かって細くなるように、三角を意識して描きます。眉尻はとても重要で、眉尻が全体的に太いとボサッとした印象になることも。眉尻はペンシルを使用して綺麗に描くように意識します。

② 眉頭はペンシルで描かず、パウダーをぼかす程度に。眉頭までしっかり書いてしまうと重たくてきつい印象になってしまうので、眉頭はナチュラルに仕上げるのが垢抜けポイントです♡

③ 眉頭の毛は上向きに立てるように毛流れを整えましょう!頭を立てるように整えるのが、今っぽくて垢抜けた印象になります。スクリューブラシで整えたり、クリアマスカラや眉マスカラを使用して毛流れを整えます。

④ 眉マスカラや、アイブロウパウダーで眉毛の色を変えます。眉毛の色が髪の毛より暗いと、重たい印象に。髪の毛のカラ―より、眉毛はワントーン明るいのが理想です。

眉毛の色味をチェンジして、簡単に垢抜けた印象の眉毛に

眉毛は形だけでなく、脱色や眉マスカラ・眉ティントなどで色味を変えるだけで簡単に垢抜けた印象の眉毛にすることが出来ます。

髪の毛と同じトーンからワントーン明るいぐらいがオススメ。

眉脱色は、お肌の弱い方には刺激が強い場合があるので、不安な方はパッチテストを行ってから、脱色するようにしてくださいね!


michill (ミチル)
モデルプレス - 「今っぽあか抜け眉」の作り方のポイント
今読んだ記事

「今っぽあか抜け眉」の作り方のポイント

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「美容」カテゴリーの最新記事