「土用の丑の日」食べなきゃ損!うなぎを食べてプルプル肌に

【美容/モデルプレス】7月30日(土)は土用の丑の日。ウナギを食べることで有名ですよね。そのうなぎ、夏バテ予防だけでなく、美容効果も高いって知っていましたか?食べなきゃ損ですよ!
「土用の丑の日」食べなきゃ損!うなぎを食べてプルプル肌に/najyu by OiMax
「土用の丑の日」食べなきゃ損!うなぎを食べてプルプル肌に/najyu by OiMax

うなぎは栄養満点

うなぎは精力がついて夏バテ予防にもなる!と言われるほど栄養が豊富。

とくにビタミン類が豊富で、肌を健康的に保つビタミンA、肌代謝を促進してニキビ予防などに効果的なビタミンB群、ミネラルの吸収を助けるビタミンD、若返りのビタミンとも言われるビタミンEが含まれています。

カルシウムや鉄分なども豊富なので、鉄分不足になりやすい女性にはピッタリなんです。

鉄分は不足すると貧血症状を起こしたり、疲れやすくなったりして夏バテを悪化させてしまいます。

更には肌代謝が低下して肌荒れを起こすことも!

女性にとって嬉しい栄養が満点と言えますね。

お肌をキレイにしてくれる

うなぎには良質なタンパク質、コラーゲンも豊富。

タンパク質はお肌の素になる栄養素で、お肌の健康維持には欠かせません。

さらに筋肉維持にもタンパク質は必須なので、筋肉の減少を防ぎ痩せやすい体作りにも役だちます。

そしてコラーゲンは言わずもがな、お肌をプルプルにしてくれる女性にとって嬉しい栄養!

うなぎに含まれる栄養はトータルで女性を美しくしてくれるんです。

うなぎに梅干しはダメ?

昔から、うなぎと梅干は一緒に食べてはいけない、という言い伝えがありますが、実はそうでもないんです。

梅干しに含まれるクエン酸は疲労回復効果があり、うなぎと一緒に食べることで夏バテ予防効果がアップ。

さらに食欲増進と消化をよくする働きもあるので、食欲が減退しがちな暑い夏にはピッタリという訳なんです。

昔からの言い伝えというだけで、うなぎと梅干しの食べ合わせが悪いという根拠は、実はありません。

むしろ相性が良いと言えますね。

いかがでしたか?

普段うなぎを食べる機会がないという人も、土用の丑の日はうなぎを食べて夏バテを吹き飛ばし、プルプルのお肌もゲットしちゃいましょう。(modelpress編集部)

1枚目画像:Unajyu by OiMax|https://www.flickr.com/photos/oimax/139056088/

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「土用の丑の日」食べなきゃ損!うなぎを食べてプルプル肌に
今読んだ記事

「土用の丑の日」食べなきゃ損!うなぎを食べてプルプル肌に

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「美容」カテゴリーの最新記事