美デコルテなら色っぽさ倍増♡

【美容/モデルプレス=2月13日】胸元が開いた服を着るとき、やっぱりデコルテがキレイなほうがおいいですよね。それに、すっきりとしたデコルテは痩せて見える効果もあります。しかし、意識してケアしている人って少ないのではないでしょうか。華奢なアクセサリーが似合う美しいデコルテを目指しましょう。
美デコルテなら色っぽさ倍増♡(Photo by A.KaZaK/Fotolia)
美デコルテなら色っぽさ倍増♡(Photo by A.KaZaK/Fotolia)

マッサージですっきり鎖骨ライン



やはりデコルテを際立たせるのは鎖骨のライン。マッサージで老廃物を流し、すっきりとした鎖骨ラインを手に入れましょう。

まずは鎖骨の上のくぼみに指をひっかけ、押し込むように軽くプッシュ。爪が長い人やネイルをしている人はお肌を傷つけないように、タオルを一枚重ねるとやりやすくなりますよ。真ん中から肩のラインまでまんべんなく行ってください。

次に鎖骨の下の親指の腹を添え、真ん中から外側に向かって老廃物を流すように押していきましょう。痛気持ちいいくらいの少し強めの力加減でも大丈夫です。

お風呂上りなど、血行がよくなっているときに行うと、より効果的。

洗顔・スキンケアはデコルテまで



顔のお肌は体の中でも薄くて敏感。しかし、忘れがちなのがデコルテ。デコルテの肌の顔と同じくらい薄くて敏感なんです。

なめらかなデコルテを目指すなら、顔と同じようにケアしてあげましょう。洗顔でいつもより多めに泡を作って、デコルテまでしっかりと洗います。

スキンケアも顔の延長で首筋、デコルテまで塗り広げてあげましょう。普段ケアをしていない分、肌のなめらかさやトーンアップの効果がすぐに表れますよ。

もちろん日焼け止めのデコルテまで塗りましょう。デコルテは意外と焼けやすい部分。しっかりと日焼け対策をしておかないとすぐに焼けてしまい、顔とデコルテの肌の色に差ができてしまいますよ。

週に一度の角質ケア



顔と同じケアを(Photo-by-Valua-Vitaly)
顔と同じケアを(Photo-by-Valua-Vitaly)
ボディや顔はスクラブで角質ケアしていても、デコルテは意外と盲点だったりします。デコルテは服が擦れたり日焼けをしやすい所なので、意外と角質が溜まりやすいんです。

週に一回程度、スクラブでマッサージしてあげましょう。強く擦りすぎると荒れてしまうので、優しく行ってくださいね。

角質ケアの後は乾燥しやすい状態になっているので、保湿ケアも忘れずに。

ストレッチでメリハリを



鎖骨は肩や首周りの骨と繋がっています。肩が凝っていたり、猫背になってしまっていると、デコルテに影響が出てしまいます。

例えば猫背になると、前かがみ気味になり肩も内側に閉じてしまうので、せかくのデコルテラインが埋もれてしまいます。

ストレッチで首・肩周りをほぐせばデコルテもすっきりとメリハリが出ますよ。

ストレッチの方法は簡単。両手を後ろで組み、上下させるだけ。肩甲骨を寄せるような意識で行うと血行が良くなり、より効果的です。

同時に胸を張り、肩を開くことも忘れずに。

首・肩周りの凝りがほぐれ、巡りが良くなるのですっきりとしたデコルテになります。肩こりにも効果を発揮してくれますよ。

デコルテメイク



胸元の開いた服や、パーティーシーンでよりデコルテを美しく見せたいときは、ハイライトを入れましょう。

メイクに使っているハイライトを鎖骨のライン上にさっと塗るだけ。自然なツヤ感がプラスされ、鎖骨が強調されるのでよりすっきりと見せることができます。

デコルテもセクシーポイント(Photo by tatchaihot)
デコルテもセクシーポイント(Photo by tatchaihot)
いかがでしたか?

華奢なクセサリーなどが映える美しいデコルテなら、男性もドキッとしてしまうはず。

美しいデコルテに色っぽさを仕込んで、女っぷりをアップさせましょう。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP