ゴールデンボンバー、5人目のメンバーと初パフォーマンス 付き人時代の過去も明かす

ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーが、29日放送の「笑っていいとも」(フジテレビ系)に出演した。

同番組の、見た目では分からない「ワケあり人間」が登場する「ワケあり人間カジノどっちベガス」というコーナーに、“ゴールデンボンバーの中の人”として、ギター・ベース・ドラム・キーボードを担当する5人目のメンバー「tatsuo」が登場。その際に、メンバーもサプライズで出演した。

同コーナーの司会を務める香取慎吾が「今日はゴールデンボンバーも来てくれています!」と紹介すると、観客からは「キャー」と大歓声。メンバーは登場するや否や、tatsuoに「お世話になってます」と深々と挨拶。さらに、ドラム担当・樽美酒研二が、ゴールデンボンバーに加入する前はギターをやっており、tatsuoの付き人をしていたことなどを明かした。

またコーナーの最後では、ボーカル・鬼龍院翔の歌とtatsuoのギターによる、生ライブを初披露。ボーカル以外の3人もダンスなどでパフォーマンスを盛り上げた。

同日、ベース担当・歌広場淳のブログでは、「今日はなんだか特別な日って感じでした。『いいとも』は出演するコーナーの性質上、事前に告知が出来なかったので驚かれた方も多かったと思います」と報告し、「まさかのゴールデンボンバーの中の人であられるtatsuoさんとの共演!『女々しくて』をtatsuoさんの超絶ギターソロバージョンでやらさせてもらったり、新鮮かつとても楽しかったです!」と感想を述べている。

この他に、tatsuoが彼らを発掘したことや、代表曲「女々しくて」は6畳1間で録音されたことなど、数々の裏話を披露した。(モデルプレス)
【Not Sponsored 記事】

もっと詳しく見る

あわせて読みたい

おすすめ特集