広瀬すず「辛かった」「鳥肌が止まらなかった」大舞台の裏側 “負ける気はない”決意も

【広瀬すず/モデルプレス=3月5日】女優でモデルの広瀬すずが5日、自身のブログを更新した。「第39回日本アカデミー賞」で「新人俳優賞」を受賞し、4日に行われた授賞式に参加。その大舞台の裏では「堪えるのがほんとに辛かった」と思いを抱いていたことを明かすとともに、今後の女優業へ向け決意をつづった。
広瀬すず「辛かった」「鳥肌が止まらなかった」大舞台の裏側 “負ける気はない”決意も(C)モデルプレス
広瀬すず「辛かった」「鳥肌が止まらなかった」大舞台の裏側 “負ける気はない”決意も(C)モデルプレス
広瀬すず(C)モデルプレス
広瀬すず(C)モデルプレス

広瀬すず「夢のように嬉しくて鳥肌が止まらなかった」



「第39回日本アカデミー賞」授賞式の様子/左から:在村架純、土屋太鳳、広瀬すず、藤野涼子(C)モデルプレス
「第39回日本アカデミー賞」授賞式の様子/左から:在村架純、土屋太鳳、広瀬すず、藤野涼子(C)モデルプレス
広瀬は『海街diary』で同賞を受賞。さらに同作は、作品賞を含む4部門で最優秀賞に輝いた。授賞式のスピーチでは「まだこの舞台に立っているのが、不思議です」と語っていた広瀬だが、改めて大舞台を振り返り、「夢のように嬉しくて鳥肌が止まらなかった わーーー泣きそう 泣きそうだった、授賞式中常に 堪えるのがほんとに辛かった 溢れるから 辛かった」と必死に涙をこらえていたことを明かした。

続けて、作品、監督、共演者、スタッフら同作を通した出逢いは「奇跡に近い」と周囲に感謝し、「自分は本当に運が強いから こんなに人や環境に恵まれてるというか 恵まれすぎてるのが1番怖い」と幸せいっぱいの胸の内を表現。4姉妹をともに演じた綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆への思いも「初心忘れずこれからもずっと お姉ちゃん達の背中みて大きくなりたい」とつづった。

「負ける気はない」決意を新たに



「第39回日本アカデミー賞」授賞式の様子/広瀬すず
「第39回日本アカデミー賞」授賞式の様子/広瀬すず
「第39回日本アカデミー賞」授賞式の様子/広瀬すず
「第39回日本アカデミー賞」授賞式の様子/広瀬すず
さらに、「またいつか立ちたいな」と再びアカデミー賞の舞台に戻ってきたいと願望をのぞかせながらも、「これからは1番頑張らなくちゃいけない場所な気がして、必死ですけどそれでも迷わず裏切らないように」と背筋を正した広瀬。「色々あるだろうけれども、それに負ける気はないので、常に立っていようと思います」と強い決意を語った。

出演作が続々公開…さらなる飛躍へエール



今後も映画「ちはやふる」、「怒り」、「四月は君の嘘」と出演作を多数控える広瀬。ファンからは「すずちゃん、おめでとう!テレビを観ながら私も泣きそうだった!」「すずちゃん、とてもかっこよかったよ!」「自分のことみたいに嬉しいです。すずちゃん大好き!」と祝福のコメントとともに、「すずちゃんのお芝居を見ているといつもパワーをもらえます。これからも応援してます」「どんどん大きくなる姿を応援できるのが嬉しい。一歩ずつ階段をのぼっていってね!」など、ますますの飛躍へ期待とエールの声が届けられている。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP