AKB48渡辺麻友、ゴールデン連ドラ初主演 稲森いずみとタッグ<コメント到着>

【モデルプレス】AKB48の渡辺麻友と女優の稲森いずみが、W主演を務めることがわかった。
渡辺麻友(AKB48)、稲森いずみがW主演【モデルプレス】
渡辺麻友(AKB48)、稲森いずみがW主演【モデルプレス】
2人が主演を務めるのは、4月スタートの関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『戦う!書店ガール』(毎週火曜 後10:00)。ゴールデン・プライム帯(後7:00~後11:00)の連続ドラマで初めて主演に抜てきされた渡辺は「出演が決まったと伺った時は、驚きすぎて信じられませんでした。でもいつかは(GP帯の)連続ドラマで主演をしたいなという夢があったので、まさかこんなに早くお話をいただけるとは…本当に光栄です」と感激している。

初共演の稲森については「いつもテレビで見ている女優さんなので、本当にお綺麗で圧倒されましたが、すごく優しい方でした」と印象を明かし、一方の稲森は「初共演の渡辺さんは、少女マンガから飛び出てきたような可愛らしい方で、お会いしたら何となく波長が似ている感じがして、自然と会話をしていました。しっかりした印象を持ちましたので、ドラマの現場では、ちょこちょこ頼っちゃうかもしれません(笑)」とお茶目に語った。

2人の役どころは?



原作は碧野圭氏の人気小説。老舗書店「ペガサス書房」を舞台に、20代と40代の働く女性が、世代間ギャップや境遇の違いから互いにぶつかり合いながらも、仕事や恋の困難に果敢に挑み乗り越えていくことで、自分自身に足りなかったものや、忘れていたものに気づき、互いに成長していく、春にぴったりのウーマンライフドラマとなる。

書店員・北村亜紀を演じる渡辺は「自由奔放で気が強く、自分の思ったことをストレートに伝える女性。自分とは似ていないなと思う部分が多い一方で、好きなものや仕事に対する熱意に関しては共通点もある」と役どころを分析。

婚期を逃してしまった独身の副店長・西岡理子役の稲森は「仕事にプライドを持ってバリバリ働いている一方で、プライベートでは上手くいかないところもあり完璧ではないところが、人間らしくて可愛いなと思いました。(渡辺と)正反対の役を演じるとはいえ、馬が合わなければならない部分もあるので、持ちつ持たれつな関係で、精一杯頑張りたいです」と意気込んだ。

個性豊かなキャスト陣



2人を取りまく個性豊かな共演者も同時に発表された。亜紀に一目ぼれをするコミック編集者には大東駿介、女子2人の奮闘を見つめる謎の男には田辺誠一が決定。さらに2人が働く「ペガサス書房」の書店員を鈴木ちなみ、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、店長を木下ほうか、理子の父親を井上順が演じる。また脚本は『名前をなくした女神』や『ファースト・クラス(第1期)』などで女性の赤裸々な素顔を描いてきた渡辺千穂氏。人間の表裏を隠すことなく描いたリアルなストーリーで、女子の共感を呼んできた彼女が“働き女子”のホンネを描く。

渡辺は「AKB48のメンバーには、実はまだ誰にもドラマに主演することを伝えていませんが、秋元先生には『頑張りなさい』という応援の言葉をいただきました。私は将来、幅広い役を演じられる女優になりたいので、夢への大きな第一歩。アイドル“まゆゆ”ではなく、女優・渡辺麻友に期待してください!」と力を込めた。

関西テレビの山下有為プロデューサーは、渡辺&稲森の起用について「渡辺さんがかもし出す、可愛らしくも“プロ”を感じさせる空気感が、書店の仕事に不器用ながらも強い情熱を注ぐ亜紀の姿とぴったり重なったのです。一方、仕事に静かな情熱を抱く理子役には、洗練されたキュートな魅力を放ち続ける稲森いずみさんにお願いさせて頂きました」と明かし、「様々な役をご経験されてきた稲森さんだからこそ描くことのできる、リアルで繊細な女心にご期待頂きたく思います」と自信をのぞかせた。

クランクインは3月上旬を予定。実在の書店でロケを敢行する。(modelpress編集部)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP