山本裕典、驚異の腹筋にどよめき 恒例化にクレーム「おかしいでしょ!」

【モデルプレス】俳優の山本裕典が鍛え上げられた腹筋をあらわにした。
腹筋をあらわにする山本裕典【モデルプレス】
腹筋をあらわにする山本裕典【モデルプレス】
山本は23日、都内で行われた雑誌「JUNON」主催の「第27回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」最終選考会にゲスト出演。溝端淳平、三浦翔平ら歴代ジュノンボーイと共にトークショーを繰り広げる中で、MCをつとめたお笑いコンビ・ベイビーギャングの北見寛明が「話で聞いていたんですけど、山本さんの腹筋が見られると」と切り出した。

毎年同コンテストのステージで腹筋を披露している山本は「毎回(腹筋を)出してるんですけど、(服を)上げた時の顔写真が雑誌に載るの。(ジュノンボーイの)みんなは、男前で載ってるの。俺その差が嫌なの!」と渋りつつも、女性ファンから「見たい~!」との歓声が飛ぶと、今年もTシャツをまくり上げて驚異の腹筋をあらわに。「うわ~!」「すごい!」とどよめきが起き、無数のシャッター音が響き渡ると「おかしいでしょ!俺絶対来年来ないわ!」とクレームをつけて笑わせた。

中島健人から刺激「すっげー頑張り屋さん」



また、山本は「今年を表す漢字一文字」という問いにアルファベットの「J」と回答。“J(=ジャニーズ事務所)”の中島健人(Sexy Zone)とドラマ「黒服物語」(テレビ朝日系、金曜よる11時15分)で共演していることに触れ「彼は20歳なんだけど、すっげーキラキラしてて、すっげー頑張り屋さんで。僕今27歳なんですけど、パワーで負けないように、ついていくのに必死なんですよ。だからファイナリストのみんなにも、彼に負けないくらいキラキラした芸能活動を送ってほしいと思う」とジュノンボーイとジャニーズの“J”にかけて後輩にエールを贈った。

1988年にスタートした同コンテストは「あなたの隣のすてきな男の子、推せんしてください」をキャッチフレーズに、「JUNON」にふさわしい“さわやかなハンサムボーイ”を選出。芸能事務所などに所属していない12歳~22歳の男子を対象とし、今年は1万3520人の応募が殺到。最終選考会には読者投票で選ばれた10名に敗者復活の1名を加えた上位11名が参加し、「容姿」「ファッションセンス」「個性」「タレント性」「将来性」の5項目を基準とした審査が行われた。

今年は16歳(高2)の西銘駿(にしめしゅん)さんが沖縄県初のグランプリに決定。準グランプリは栃木県の阿久津仁愛(あくつにちか・13)さん、フォトジェニック賞は宮城県の千葉冴太(ちばこうた・17)さんが受賞した。(modelpress編集部)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP