藤原紀香、高橋克典と微笑ましい掛け合い

【モデルプレス】女優の藤原紀香が、俳優の高橋克典と微笑ましい掛け合いを繰り広げた。
高橋克典(左)を絶賛した藤原紀香(右)【モデルプレス】
高橋克典(左)を絶賛した藤原紀香(右)【モデルプレス】
2人は20日、都内で行われた新春ワイド時代劇「大江戸捜査網2015~隠密同心、悪を斬る!」(テレビ東京系・2015年1月2日よる6時~)の制作発表記者会見に出席。同局にて、足かけ22年放送した民放時代劇の長寿番組が23年ぶりに復活するということで話題の今作は、隠密同心たちが、変装、潜入、囮など様々な手段を駆使し、探索、事件の裏にはびこる江戸の悪を切り捨てていく痛快時代劇。主演の高橋は、隠密同心の筆頭格・十文字小弥太を、藤原は表の顔は芸者という隠密同心の一員・稲妻お竜をそれぞれ演じる。

藤原紀香
藤原紀香
高橋克典
高橋克典

高橋克典の立ち回りを絶賛



撮影中の楽しみや息抜きの話題になると、藤原は多忙な撮影スケジュールであったことを明かしながらも「普段から自分のカメラでみなさんのメイキング映像を撮って楽しんでいます」と紹介。続けて「それを夜、見返すのですがみなさんの表情がすごく良くて。例えば(高橋)克典さんの立ち回りはリズムが良いんです」と高橋を絶賛。その理由を高橋に尋ねたといい「ボクシングと日舞を取り入れているとのことでした」と紹介した。これに高橋は「(藤原)紀香はパチパチ撮っていました。ブログにアップされているかと思います」と冗談交じりにコメント。微笑ましい掛け合いで会場の笑いを誘った。

夏菜
夏菜
村上弘明
村上弘明

役作りを語る



6代目の主人公を演じる高橋は「江戸っ子気質を出しました。喧嘩っ早いところや、情にもろいところ、女性に弱いところを意識しました」と役作りに言及。藤原が絶賛した立ち回りについては「魂をどう込めるか、刀の先まで気を遣いました。生々しい殺戮でなく、スピード感を意識しました」と語った。

高橋、藤原のほか、会見には松岡昌宏、夏菜、村上弘明も登壇した。(modelpress編集部)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP