PR for U

山田孝之、力強い歌声に反響の声続々「めちゃくちゃ上手い」

【モデルプレス】俳優の山田孝之が披露した力強い歌声に、大きな反響が寄せられている。 山田は15日よりオンエアされているメンズシャンプー「MARO(マーロ)」の新CMに出演。CM内で披露している力強い美声に、「めちゃくちゃ上手い!!」「さすがミュージカル舞台経験者!歌も素晴らしい!」など絶賛の声が多く上がっている。

まるでミュージカル?抜群の存在感と歌唱力



今回山田が出演したのは、3D立毛ボリュームアップシリーズの「下敷きミュージカル」篇と、薬用デオスカルプシリーズの「ポンプミュージカル」篇の2種類で、どちらもミュージカル仕立ての一風変わったもの。

「下敷きミュージカル」篇の登場シーンで高らかに歌う山田孝之【モデルプレス】
「下敷きミュージカル」篇の登場シーンで高らかに歌う山田孝之【モデルプレス】
「下敷きミュージカル」篇は、グレーのスーツに身を包んだ山田が、勢いよくとある会議室の扉を開けるカットからスタート。そこには、「髪を立たせるには下敷き!」と世の中に提唱し、一生懸命に下敷きで髪を立たせている社員たちの姿が。

「下敷きミュージカル」篇の山田孝之
「下敷きミュージカル」篇の山田孝之
山田はそんな彼らに「髪が立つ 髪が立つ 昔下敷き 今シャンプー♪」と力強い歌声で革新的なアイデアを提案する。

橋爪社長をはじめ社員たちは、半信半疑ながらも、下敷きを投げ捨て山田が勧めるシャンプーを試すことに。すると、髪がふわっと立ち上がり、一気にボリュームアップ。そのままシャンプーを片手に携え、颯爽と会議室を後にするという内容で、一度で実感できる驚異のボリュームアップ力をアピールしている。

一方、「ポンプミュージカル」篇の舞台は、頭皮のアブラをポンプで吸い上げようと必死なサラリーマンたちで溢れるエレベーターの中。

「ポンプミュージカル」篇の山田孝之
「ポンプミュージカル」篇の山田孝之
その中心で、「頭皮のアブラを ポンプで吸い上げる そうじゃなくて そこはシャンプー♪」と高らかに歌い上げる山田が手に持つシャンプーに、サラリーマンたちの視線は釘づけ。

一斉にシャンプーを試し、頭皮アブラと男臭も一度でスッキリする爽快な洗い上がりに満足した面々は、笑顔でエレベーターから出ていくという内容だ。

スタッフも絶賛、撮影時のエピソード



最大の魅力はやはり山田の自前の歌声。これまであまり歌声を披露することがなかった山田だが、録音現場ではスタッフ一同その高い歌唱力に驚き、思わず聞き入ってしまったという。

山田もミュージカルのような同CMについて、「CMの撮影なのに舞台に立っているような気分になったりして、刺激的な現場でした」とコメント。登場シーンを自ら提案したり、全身の動きや表情など細かい部分まで監督と話し合って完成したといい、山田の役者としての高い実力が発揮された仕上がりとなっている。

また、髪の毛を下敷きで立てたり、ポンプで吸うために濡らしたり、シャンプーで洗ったりと髪型を何度も変えなければならなかったという大変な撮影も、出演者は皆楽しんでいたよう。「下敷きミュージカル」篇で山田と共演した俳優の橋爪功も「こんなにバカげたことをいい歳をした大人が一生懸命やっているのがいいよね!」と和気あいあいとした現場の様子を振り返った。

思わず笑ってしまうシュールなストーリーと、楽しげに同商品の魅力を歌い上げる山田の表情に注目だ。

頭皮の悩みをダイレクトに解決出来る「MARO」



「MARO」は男性の悩みを解決し、全ての男性が輝いた生活を送れるようエールを送ることがコンセプトの新ブランド。「MARO」のシャンプーは、「ボリュームが少ない髪」「男性特有の匂い」といった多くの男性が抱える頭皮の悩みに着目。一度の使用で驚異のボリュームを実感出来る「MARO 3Dボリュームアップシャンプー」と、頭皮アブラと男臭を取り除き、スッキリ爽快の洗い上がりになる「薬用デオスカルプシャンプー」の2種類を開発し、悩みに応じたアプローチを提案している。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP