NMB48渡辺美優紀が涙「今年はたくさん心配をかけた」<コメント全文/第6回AKB48選抜総選挙>

渡辺美優紀(C)AKS
「第6回選抜総選挙」投票用シリアルナンバーカード封入!AKB48 36thシングル「ラブラドール・レトリバー」アーティスト写真(C)AKS
7日、東京・味の素スタジアムにて「AKB48 37thシングル選抜総選挙 夢の現在地~ライバルはどこだ?~」の開票イベントが開催され、NMB48チームBⅡ渡辺美優紀(SKE48チームS兼任)の順位が発表された。 渡辺は今回、36108票で18位という結果となった。速報25位から7位上げ、前回の15位からは3位落とし、アンダーガールズ入りした。渡辺は「今年はいろんな変化があって、移籍や兼任からはじまって、たくさん皆さんにご心配をおかけしたし…」と語っていると、声をつまらせ突然涙。「正直、去年は15位だったのでがっかりさせてしまったんじゃないかなと思うんですけど、絶対に応援してよかったと思ってもらえるようもっと頑張っていきます」と語り、「いつか絶対に恩返しができるようにもっともっと大きな存在になれるよう頑張ります」とファンを前に誓った。

コメント全文



まず本当に頑張ってくださったみなさん本当にありがとうございます。今年はいろんな変化があって、大好きなチーム8からチームBⅡへの移籍、チームSとの兼任…たくさんみなさんにもご心配をおかけしましたし、でもいつもみなさんに支えられてこれからはもっともっと自分からみなさんへ愛をお届けしたいなと決めました。18位にこめられた…(涙)たくさんの気持ちを大切にして、みなさんの気持ちを大切にこれからも自分らしくマイペースではありますが全力で頑張って行きたいと思います。いつか絶対に恩返しができるようにもっともっと大きな存在になれるように頑張ります。私はわたしのことを一人でも応援してくださる方がいる限り、みなさんが好きでいてくれるみるきーでいたいと思います。正直ファンのみなさんには、去年は15位だったのでガッカリさせてしまったかなとは思いますが、絶対に応援していてよかったと思えるようにもっともっと頑張っていきます。みなさん寒いですか?今日はおうちに帰ったらちゃぷちゃぷして温まってください。

過去の選抜総選挙結果



第6回速報順位:25位(6,176票)
第5回順位:15位/第4回順位:19位/第3回順位:圏外/第2回順位:――/第1回順位:――

「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」※別名:第6回AKB48選抜総選挙



今年で6回目を迎える選抜総選挙は、AKB48の37枚目のシングル(8月27日発売)を歌う選抜メンバー及びカップリングメンバーをファンの投票で決定。第1回(2009年)と第3回(2011年)は前田敦子、第2回(2010年)と第4回(2012年)は大島優子、そして昨年の第5回では指原莉乃がそれぞれセンターを獲得。今回は昨年までのシングル選抜メンバー(1~16位)、アンダーガールズ(17~32位)、ネクストガールズ(33~48位)、フューチャーガールズ(49~64位)の4カテゴリー64人に、アップカミングガールズ(65~80位)の16人が加わり、5カテゴリー計80人が選出される。

また、昨年は立候補資格があった“過去にAKB48グループに4年以上在籍していたメンバー”、つまりOGの参加が見送られた一方で、4月に発足したばかりのAKB48チーム8メンバー47人の立候補が認められたため、今回の選抜総選挙では全グループ(AKB48・SKE48・NMB48・HKT48・JKT48・SNH48)総勢296人のメンバーが順位を競い合う。投票権はAKB48の36枚目のシングル「ラブラドール・レトリバー」に封入されるシリアルナンバーをはじめ、公式ファンクラブ「二本柱の会」会員、AKB48 Mobile会員など12パターン用意された。(モデルプレス)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP