橋本愛、4年半活躍の「Seventeen」卒業 「正直怖かった」本音告白

「Seventeen」を卒業した橋本愛
橋本愛
「Seventeen」6月号(集英社、2014年5月1日発売)表紙:西内まりや
女優の橋本愛が、2009年から約4年半専属モデルをつとめた雑誌「Seventeen」を1日発売の6月号をもって卒業した。 桐谷美玲、武井咲、剛力彩芽ら数多くの人気女優を輩出してきた同誌。誌面では「橋本愛セブンティーン卒業Special」と題した4ページにわたる特集が組まれ、「ここまで来れたのは、みなさんの応援のおかげです。これからも恩返しし続けられるよう頑張ります」と直筆で感謝のメッセージがつづられた。

知られざる本音「正直怖かった」

2009年、「ミス・セブンティーン」に当時13歳で選出され、ファッションをはじめ様々な企画で独特の存在感を発揮した橋本。4年半を振り返るインタビューでは、「変な話、STに出てる“橋本愛ちゃん”と、“私”がいるわけで、それがこの1年でだんだんズレてきてる感じがして、正直怖かった」と本音を告白。連載企画を通じてうまくバランスをとってきたが、「そのバランスをとるっていうことを、これ以上うまくならなくてもいいかなって思った」と卒業を決意した理由を明かし、今後については「まったく未定。お先真っ暗ですよ、ほんと(笑)」と冗談交じりに語っている。

このほか誌面では思い出の撮影エピソードや、今やトレードマークとなったボブヘアの誕生秘話、密かに重ねていた努力についても言及。モデル仲間やスタッフからのメッセージも掲載され、橋本の門出を華やかに祝う内容となっている。(モデルプレス)

情報提供:「Seventeen」(集英社)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP