柏木由紀、「殿堂入りかな?」夢叶うも苦笑い

AKB48の柏木由紀が6日、都内でソロデビューシングル「ショートケーキ」劇場版握手会を開催した。
ソロデビューシングル「ショートケーキ」劇場版握手会に出席した柏木由紀
2006年・中学3年生でAKB48に加入。昨年の選抜総選挙で前年に引き続き3位にランクインするなど、グループでも安定した人気を誇る柏木は、念願のソロデビューに「もっと遅くなるものだと思っていたので、思ったより早かったなという感じ。でも6年越しの夢が叶って嬉しいです」とにっこり。

自他共に認める“雨女”の柏木は、この日東京が雪であることにも触れ「びっくりしました。さっきからどう弁明しようか迷っていたんですよね(笑)。『フレンチキス』のデビューのときも大雨だったので、もう殿堂入りかな」と苦笑いだった。

柏木のソロデビューシングル「ショートケーキ」(2月6日発売)は、幼なじみへの切ない恋心を歌ったバラードで、現在放送中の主演ドラマ「ミエリーノ柏木」(テレビ東京系、毎週金曜深夜0時52分~)の主題歌。曲名の“ショートケーキ”をイメージしたという純白の超ミニ衣装をまとって登場した柏木は、楽曲について「恋愛していない方でも安心できる、ホッとできる楽曲になっています」と笑顔で話した。

握手会に先立って行われたイベントには、司会を務めたお笑いコンビ・TIMやスピリチュアル女子大生・CHIE氏、人気パティシエの辻口博啓シェフが柏木をイメージして作ったケーキも登場。ファン300人とともに、柏木のソロデビューを祝した。(モデルプレス)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

Music List音楽一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP