AneCan アネキャン

AneCan
発売中

AneCan(アネキャン) 2016年 09 月号 [雑誌]

発売日:毎月7日
出版社:小学館

AneCanについて

AneCan(姉キャン、アネキャン)は小学館発行の月刊女性ファッション雑誌。2007年3月7日創刊。
雑誌名は「お姉さん系CanCam」を略したもので、名実ともに「CanCam」の姉妹誌。「CanCamを卒業した25歳以上の女のコ」に向けて登場し『Happy&Activeなレディになろう!』をテーマとしている。

■概要
・ファッション雑誌「CanCam」の新たな試みとして、2006年の春と秋、10代後半から20代前半に「CanCam」に親しんできた20代後半から30代の女性(2011年10月号の調査では、読者の割合は25歳以下が18%、26〜30歳が41%、31〜35歳が36%)をメインに「お姉さん系CanCam」がパイロット版として刊行され、2007年3月7日より月刊誌として本格的に創刊されることになった。
・専属モデルは9人という狭き門であり、他のモデルは基本的にあまり起用されない。第一線で活躍し続けている、名実ともに日本を代表するトップモデルが集まっており、若手モデルにとって最も憧れの存在となっている。特に不動の看板モデルの蛯原友里、押切もえ、高垣麗子の3人はトップ3と称され、三人で表紙を飾った号も複数ある。専属モデルが一度に集まることは少ないが、2013年10月号では専属モデル全員が集合したショットが掲載された。
・2014年4月号で真山景子が卒業したため、5月号は8人体制になったが、6月号から安座間美優が加わって再び9人体制となった。
・2014年2月号では初めて男性として岡田准一が表紙を飾った(蛯原とのカップリングカバー)。
・なお、小学館では、対象年齢が近接するものとして「Oggi」「Domani」を発行しているが、「AneCan」では上記2誌と比べてカジュアルなコーディネートを多く取り上げている。
・1冊の分量はおおよそ250 - 500ページと、月によって大きな開きがある。「CanCam」と同じく、ほぼ全面がフルカラー印刷である。

■現在の専属モデル
蛯原友里
押切もえ
高垣麗子
有村実樹
森絵里香
葛岡碧
近藤しづか
安座間美優
磯山さやか
大石参月

■その他の連載記事
○各社の最新商品
AneCan INCOMING(巻頭)
Ane "キュン" News!
AneCatch

○スタイリスト関連
Miyu's Bar(入江未悠)
月刊♥亀 恭子(亀恭子)
モモコノコモノ(川村桃子)

○その他
湯山玲子のLADY,GO!

○過去連載
ブラックムスク(LiLyの小説)
小石原はるかの偏愛ごはん

○スポンサー企業のタイアップ
RMK
ケイト・スペード

■過去の専属モデル
堀内葉子(創刊号 - 2008年3月号)
臼田あさ美(創刊号 - 2008年12月号)
大桑マイミ(創刊号 - 2009年5月号)
澤野ひとみ(創刊号 - 2011年3月号)
alan(2009年6月号 - 2011年10月号)
熊澤枝里子(2008年6月号 - 2013年)
真山景子(創刊号 - 2014年4月号)
鈴木サチ(創刊号 - 2014年10月号)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Text is available under GNU Free Documentation License.

Photo Ranking画像ランキング

Magazine Ranking雑誌ランキング

※サムネイル画像は「Amazon」から自動取得しています。

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP