とろけちゃうくらい気持ち良くなるセックス5つのポイント

【ラブコラム/モデルプレス=2月9日】あなたはとろけちゃうくらいの快感をセックスで得たことがありますか?実は気持ち良さは体の相性だけがすべてではありません。心の繋がりだって大切なポイントです。そんな心の繋がりを重視した、ポリネシアンセックスをみなさんはご存知でしょうか?ポリネシアンセックスとはポリネシア地方で伝承されてきたセックスの方法。ゆっくりと時間をかけて体を繋げることで、女性が強い快感とオーガズムに達することができるのだとか。あなたもそんなポリネシアンセックスを学んで、心までとろける刺激的なセックスをしてみませんか?
とろけちゃうくらい気持ち良くなるセックス5つのポイント(Photo by llhedgehogll/Fotolia)
とろけちゃうくらい気持ち良くなるセックス5つのポイント(Photo by llhedgehogll/Fotolia)

セックスをする日を決めておき、セックスの頻度は5日に1回に



ポリネシアンセックスに挑むまでには準備が必要です。

セックスは最低5日に1回におさえましょう。

それ以外の日はスキンシップまでにとどめ、気分を高める準備期間です。

そして、セックスする日をあらかじめ決めておくことによって、セックスへの期待も高まります。

いつもよりボディケアを入念にしておくなど、特別感を演出してもいいかもしれませんね。

セックスの前は食事を控える



セックスの前は食事をできるだけ控えましょう。食欲が満たされると性欲がダウンしてしまいます。満腹になると眠くなったりもしますよね。

セックスの前は軽食程度にとどめ、心も体も飢えた状態にしておくことが重要です。

スキンシップと前戯に1時間



まずはお互いに裸になり、抱き合って体温を感じながらリラックスしてスキンシップをしましょう。この時、まだ性感帯に触れてはいけません。

徐々に気分が高まってきてから、お互いの性器を手や口で愛撫しあいましょう。

このときの愛撫はオーガズムに達するための愛撫ではなく、緩やかに快感を高めるための愛撫だと思ってくださいね。

ピストン運動はせずに挿入



いよいよ挿入です。長い時間をかけたので、気持ちと体が焦ってしまいがちですが、落ち着いてゆっくりと挿入しましょう。

挿入してもすぐには動かず、深く繋がったところでお互いの深い所で感じる熱に集中してみてください。

時間をかけて高めた心と体はとても敏感になっています。体の奥から湧き出るような快感が押し寄せてくるはず。

ゆるやかな動きやキス、愛撫を繰り返しながらお互いの快感がギリギリまで高まったら、あとは快感に任せて求めあってださい。

今までにないくらい強く、長いオーガズムに達することができるでしょう。

挿入からオーガズムまでは休憩をはさみながら、1時間くらい時間をかけてくださいね。

体を繋げたまま抱き合う



普段、セックスが終わったあと、すぐにシャワーを浴びに行ったりしていませんか?

ポリネシアンセックスの場合は、イったあとも体を繋げたまま抱き合い、お互いを慈しみあいましょう。体だけでなく、心を繋げることが大切なんです。

いつもは気恥ずかしくて言えない愛の言葉なんかを囁いてみてはどうでしょう。

深く深く愛されるセックスを(Photo by Anbrey Bezuglov/Fotolia)
深く深く愛されるセックスを(Photo by Anbrey Bezuglov/Fotolia)
いかがでしたか?

最近恋人とのセックスに刺激がたりないな、と感じてる方はぜひポリネシアンセックスを試してみてください。

体だけでなく、心まで深く繋がる感覚に、より一層愛が深まること間違いなしですよ。(modelpress編集部)
モデルプレス

Hot Word !人気のキーワード

ラブコスメ エッチ セックス

Photo Ranking画像ランキング

Love Listラブ一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP