男性が一瞬でギンギンになる「エッチの誘い方」5つ

男性が一瞬でギンギンになる「エッチの誘い方」5つ(Photo by blanaru)【モデルプレス】
自分から誘うのって恥ずかしい…(Photo by Photographee.eu/Fotolia)
秘密の合言葉なら、恥ずかしさも半減(Photo by conrado/shutterstock)
二人だけの秘密のワードでもっとエッチを楽しもう(Photo by Lucky Business/shutterstock)
【モデルプレス】「エッチしたい!」なんて直接的な言葉を彼に伝えるのは恥ずかしいですよね。 でも、なかなかあなたの気持ちに彼が気付かないことも多いはず。

そこで今回は、一瞬で彼をギンギンにする「エッチしたい」の言い換えワード5つをご紹介します。

周りには気付かれない、二人だけの秘密ワードで恥ずかしい思いをせずにエッチに誘いましょう。

「ギュッとしよう」



「僕の彼女はエッチしたい時には『ねーねー、ギュッしたいなー』って誘ってくるんだ。そのままギュッと抱きしめて、ベッドになだれ込むのがお決まりになってるよ」(22歳・男性)

エッチをする時にはギュッと抱きしめ合ってから…というカップルも多いのではないでしょうか。

そんなカップルにオススメの言い換えが「ギュッとしよう」です。

これなら彼に伝えるのもそんなに恥ずかしくないはず。

ただし、単にギュッとしてもらいたい時に「ギュッとして」と伝えても、「エッチしたい」だと勘違いされてしまう可能性があります。

そこの意思疎通がしっかりと出来るような工夫もしておく必要がありそうですね。

「二人で暖まろう」



「激しくエッチは二人とも汗かいちゃうから、『暖まる』が私達のエッチしたい時の合図。目を見つめて『体寒くない?』なんて伝えたら、彼はすぐさま飛びついてくるよ(笑)」(26歳・女性)

よく小説や何かで「体を暖め合う」なんて表現されていることがありますよね。

ですが前後の文脈が無ければ、唐突に「暖まろう」と言っても他の人は「エッチしたい」合図だと気付かないはずです。

周りに人がいても言いやすいところがオススメ。

デートの途中に気分が盛り上がってきたのであれば、「ちょっと暖まらない?」なんて使ってみてもいいですね。

「マッサージしよう」



「昔マッサージしてたらエッチな気分になっちゃって、そのまま…。それから『マッサージしよっか』でエッチが始まることが多いかな」(25歳・男性)

男性は「マッサージ」という言葉に何だかエッチなイメージを持ってしまうのだとか。

お互いの身体を触り合うので、そんな想像をしてしまうのも何となくわからなくはないですよね。

だからこそ「マッサージしよう」は彼にとってわかりやすい「エッチしたい」の言い換えワード。

実際にお互いの身体を触り合いながら、エッチしてみるのもいいですね。

お互いの身体も気持ちも癒していきましょう。

「一緒に寝よう」



「いつもお泊まりの時は同じベッドで寝てるから、わざわざ『一緒に寝よう』って伝える時は、エッチがしたいっていう合図になってるの。デートの途中に『今日は一緒に寝ようね』なんて彼に伝えたら、もう上機嫌ね(笑)」(28歳・女性)

カップルであれば、一緒のベッドや布団で寝ることが多いはず。

わざわざ「一緒に寝よう」と伝えるということは、エッチしたい気持ちがあるはずだと、彼も察してくれることでしょう。

二人で示し合わせなくても、エッチの誘いになるところがオススメですよ。

一緒のベッドに入ってきた彼に濃厚なキスをして、深く愛し合いましょうね。

「幸せになろう」



「『幸せになろう』が僕達のエッチの合図。ただ『エッチしよう』よりも、大切にしなくちゃなっていう気持ちが高まる気がする」(19歳・男性)

確かに相手を思い合いながら、深く愛し合うようなエッチは、とても幸せな気分になれますよね。

お互いに相手を思いやる、幸せなエッチをしたいのであれば、こんな言い換えをしてみてはいかがですか?

いつも以上にあなたのことを大切にしながら、幸せを噛みしめるようなエッチをしてくれるかもしれませんよ。

いかがでしたか?

直接的な言葉で誘うのが恥ずかしいのであれば、ご紹介した5つの言い換えで彼をエッチに誘ってみませんか?

一度その誘い言葉からエッチに持っていくことが出来れば、それ以降は彼も気付いてくれるはずですよ。

他の人には気付かれない、秘密のワードで彼とエッチを楽しんでいきましょうね。(modelpress編集部)
モデルプレス

Hot Word !人気のキーワード

セックス ラブ週間ランキング ラブコスメ

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP