小関裕太、中学時代に残した“後悔”とは?「もしもタイムトラベルできるなら…」モデルプレスインタビュー

小関裕太、中学時代に残した“後悔”とは?「もしもタイムトラベルできるなら…」モデルプレスインタビュー

【モデルプレス】俳優の小関裕太(20)が、4つの時代を行き交う壮大な作品に挑む。2016年1月から新国立劇場・中劇場ほか大阪、福岡での上演が決定しているミュージカル「DNA-SHARAKU」で、シンガーソングライターのナオト・インティライミとW主演。稽古を間近に控える中、過去や未来に想いを巡らせているという彼に今の心境を聞いてみると、座長として力強い意気込みを語る一方で、自身の少年時代に残した、とある“後悔”を口にする一幕もあった。

Photo Ranking画像ランキング

Interview Listインタビュー一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP