こんなに好きなのに…頑張る恋が報われない5つの理由

【恋愛コラム/モデルプレス=1月29日】彼好みの女性は既にリサーチ済。好きな人を振り向かせるための気合も充分!あとは彼に好かれるためにあんな服を着て、笑顔で接して、あれをして、これをして…。でも、ちょっと待って!もしかすると、それ“頑張りすぎ女子”かも?今回はそんな頑張っているのに、なかなか恋が報われない女性のために、その原因と対策をご紹介。頑張りすぎて完璧女子を目指したり世話を焼き過ぎたりしてしまわないようにしましょうね。
こんなに好きなのに…頑張る恋が報われない5つの理由(Photo by laszlolorik/Fotolia)
こんなに好きなのに…頑張る恋が報われない5つの理由(Photo by laszlolorik/Fotolia)

“完璧女子”は近寄りがたい



あなたの周りにもいませんか?美人で、頭も良くて、スタイル抜群の完璧な女性。

そんな女性が「なかなか恋人ができなくて…」と悩んでいると、「え?どうして」とつい思ってしまいますよね。

でも、これにはちゃんと理由があるんです。

男性から見ると、完璧な女性はどこか近寄りがたい印象を与えます。

周りへの気配り、髪型や服装などが完璧であるほど、自分と比較してしまい、どことなく気が引けてしまうもの。

男性にとっては、多少の“抜け感”や“隙”があった方が話しかけやすく、恋愛にも発展しやすい傾向にあります。

ずぼらなのはいけませんが、あまり力を入れ過ぎずにナチュラルな雰囲気を作ることは大切です。

“完璧女子”を少しだけ崩して、話しかけやすい雰囲気を出せるといいですね。

完璧な女子ほど近寄りがたいもの(Photo by indiraswork/Fotolia)
完璧な女子ほど近寄りがたいもの(Photo by indiraswork/Fotolia)

世話の焼き過ぎは禁物



彼のことが大好きだから、とにかく尽くしてあげたいんです!でも、あれこれ世話をやいてみたけど全然振り向いてくれない…。こんな経験ありませんか?

男性にとって、ちょっとした気遣いは好感度を上げますが、これでもかというぐらいの気遣いはかえって鬱陶しく思われてしまいます。

そうです。過度の世話やきは“お母さん”を連想させてしまうのです。

大好きな彼だから、いろいろとやってあげたくなる気持ちはわかりますが、同じように男性も女性に対して“してあげたい”のです。

その微妙な男心を理解できるようになると、自然に彼との関係がうまくいくようになります。

男性に何かをしてもらったら、「ありがとう」とニッコリ笑顔をお忘れなく!

男性の“狩猟本能”を理解する



草食系の男性も増えていますが、基本的に男性には“狩猟本能”があります。

好きな女性を追いかけて、自分のものにしたいというその欲求。女性にとっては何だかキュンとさせられちゃいますよね。

ですから、女性から「好き」と迫るよりも、「好き」と言わせるような女性になることが大切です。

どんなに美人でも「好き」のごり押しで、攻めの姿勢に入ってしまうと、男性の“狩猟本能”が満たされず、満腹だけどごちそうがあるから食べておこうか…的な気持ちになってしまいます。

ありがたみのないご馳走は、いつか飽きられてしまうもの。

頑張って攻めるのではなく、少しだけ守りに入って大好きな彼の心をつかめるといいですね。

たまに引くから追いかけたくなる(Photo by Africa Studio/Fotolia )
たまに引くから追いかけたくなる(Photo by Africa Studio/Fotolia )

“自分らしさ”がキーワード



彼好みの女性になるために研究を重ねて、ふんわりパーマにしてみたり、彼のタイプの控えめな女性になろうと日々努力してみたり。

やれることは全部やったのに、彼は違う女性を選んでしまった…。

頑張ったのに私のどこが悪かったんだろう。と首をかしげている“頑張り女子”のあなた。

同じ失敗を次の恋愛で繰り返さないように、“自分らしさ”を学んでおきましょう。

誰かをお手本にすることは、キレイになる第一歩。

でも、何もかもを彼の好みに変えてしまっては、あなたの良さが引き立ちません。

大切なのは自分にしかないオリジナルの魅力です。

自分にはどんな魅力があるのか、どんな服が似合っているのか、どんな時に一番輝いているのか…。自分を見つめ直して研究することはすごく大切です。

もしかすると、まだ気づかない自分の魅力を再発見できるチャンスかもしれませんよ。

頑張りどころを間違えないように



私がこんなに○○してあげているのに、彼はちっとも構ってくれない。彼のために頑張って○○したのに、全然喜んでくれない…。

そんな気持ちになってしまう女性も多いと思います。

でも、頑張って何かをしてあげることで、彼にその見返りを求めていませんか?

そうです。彼のために頑張っていると思っていたことは、自分の満足のためにやっていることだったりするんですね。

自分の努力を、大好きな彼に認めて欲しいという気持ちはよくわかりますが、認めてくれなくても彼を責めてはいけません。

ホントは彼だって、あなたに感謝しているのかも。恥ずかしくて口に出せないのかも。

そんなふうに、大きな心で大好きな彼を包んであげてくださいね。

彼のためにではなく、自分のためにキレイになったり、何かに夢中になったりするのはとても素敵なことです。

その一つ一つが自分の自信にも繋がっていきますよ。

恋愛に大切なのは、頑張りどころを間違えないこと。肩の力を抜いて、恋愛を楽しめるようになるといいですね。

今度こそ報われる素敵な恋を…(Photo by konradbak/Fotolia)
今度こそ報われる素敵な恋を…(Photo by konradbak/Fotolia)
いかがでしたか?

頑張っても恋が報われない“頑張り女子”のみなさん。

ちょっとだけ頑張ることをお休みすると、本当の自分の魅力が見えてきたりします。

あなたにしかできない、ステキな恋が訪れるといいですね。(modelpress編集部)
モデルプレス

Hot Word !人気のキーワード

コラム週間ランキング 女子力 ヤキモチ ぺこ

Photo Ranking画像ランキング

Column Listコラム一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP