「遠距離恋愛」から結婚する方法6つ

【モデルプレス】遠距離恋愛になると、「心の距離も離れてしまいそう」や「続けるのは難しい」とネガティブになりがち。それより、「遠距離を経てゴールインする」ことを考えてみませんか?
「遠距離恋愛」から結婚する方法6つ(Photo by Joshua Resnick/shutterstock)【モデルプレス】
「遠距離恋愛」から結婚する方法6つ(Photo by Joshua Resnick/shutterstock)【モデルプレス】
そこで今回は、「遠距離恋愛から結婚する方法」をリサーチ。6つの項目にまとめました。

お互いの大切さに気づく/Photo by Lyndsay Esson
お互いの大切さに気づく/Photo by Lyndsay Esson

1.「SNS」で繋がる



遠距離になると、相手が毎日をどんなふうに過ごしているのか、とても気になりますよね。しかし、毎日報告し合っていると、お互いの負担になってしまいそうです。

Mさん(23歳・事務)によると、「SNSで繋がっていれば大丈夫。カレの画像や文章を見るだけで、『元気にやってるなあ』ということが分かってグッド。逆に、私がネガティブな投稿をしていたら、カレがすぐに連絡をくれる。SNSで繋がっていれば、大体のことは分かる」とのことです。

SNSは日記のようなもの。フォローし合えば、お互いの色々な面を見ることができて、面白いかもしれませんね。

2.「共通の友達」の協力を得る



遠距離恋愛には、不安がつきもの。「浮気してるんじゃないか」や「カレの気持ちが冷めてしまったんじゃないか」と思ってしまいますよね。

Wさん(25歳・出版)によると、「カレと自分に『共通の友達』がいれば安心できる。私には『最近、彼氏とどう?』と聞いてくれたり、カレには『浮気はダメだぞ』と言ってくれたりする友達。つまり、世話焼きタイプね。鬱陶しく感じることもあるけど、そんな友達のおかげで、遠距離恋愛を続けることができた。結婚式でも、すごく喜んでくれたの。持つべきものは、友達よ」とのことです。

世話焼きタイプの友達がいれば、心配する必要はありません。あなたとカレを結ぶ架け橋になってくれることでしょう。

3.家族に「紹介」を済ませる



結婚を前提とした付き合いをしているなら、お互いに責任感を持ったほうがいいもの。

Kさん(29歳・銀行員)によると、「遠距離恋愛中に、お互いの実家に行って、『いずれは結婚する』という宣言をしておいたの。そうすることで、『どんなことも二人で乗り越えて行こう。遠距離恋愛なんて何でもない』と思えたのよ」とのことです。

「紹介は結婚するときでいい」と思っていてはダメ。早めにお互いの実家に行きましょう。

4.「愛の言葉」は声で伝える



LINEやメールで「愛してる」と送っても、相手の心には届かないかもしれません。

Tさん(27歳・公務員)によると、「愛の言葉は、声で伝えるのが鉄則。『私は本気よ』という気持ちを見せなきゃダメなの。もちろん、毎日だとプレッシャーになるから、週に2~3回が理想。電話をかけて『愛してる』と言えば、カレの気持ちが満たされるはずよ」とのことです。

「電話代が怖い」という人は、定額プランにしましょうね。

5.「決断」から逃げない



遠距離恋愛を長く続けるのは、難しいこと。もしかしたら、決断を迫られるときが来るかもしれません。

Oさん(24歳・保育士)によると、「カレに『一緒に暮らそう』と言われたら、逃げちゃダメ。逃げると、どんどん長引いてしまうから。『この人と結婚したい』と思っているなら、どこにでも行く覚悟を持っていたほうがいいわよ」とのことです。

楽しいだけが恋愛ではありません。決断するときが来ることを、忘れないようにしましょう。

6.「資格」を取得しておく



遠距離恋愛から結婚に進むとき、どちらかが仕事を辞めることになることになるかもしれません。

Hさん(26歳・栄養士)によると、「どこでも暮らして行けるように、栄養士の資格を取ったの。これでひと安心よ。今はカレの転勤先で一緒に暮らしてるわ。もうすぐ、結婚式を挙げるのよ」とのことです。

何かしらの資格を持っていれば、転職しやすくなります。カレとの未来のために、勉強を始めてみませんか?

いかがでしたか?

大変だからこそ、恋は燃えるもの。これらの方法で、遠距離恋愛を乗り越え、カレとラブラブな毎日を送ってくださいね。(modelpress編集部)
モデルプレス

Hot Word !人気のキーワード

女子力

Photo Ranking画像ランキング

Column Listコラム一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP