市原隼人、“アツすぎる”ハプニングも監督から絶賛

【モデルプレス】俳優の市原隼人が、ハプニングに見舞われるも監督から絶賛された。
“アツすぎて”ハプニングに見舞われるも三池崇史監督監督から絶賛された市原隼人【モデルプレス】
“アツすぎて”ハプニングに見舞われるも三池崇史監督監督から絶賛された市原隼人【モデルプレス】
ドラを叩く市原隼人
ドラを叩く市原隼人
市原は15日、東京の神田明神で映画『極道大戦争』(6月20日公開)のヒット祈願を行った。夏先取りの浴衣姿で炎天下の中、勢いよくドラを鳴らした市原は「(ヒットへの)気持ちが強すぎて、ドラを叩く時に手までいっちゃって。腫れてますね……市原隼人です」とハプニングを語りながら熱い挨拶。作品については「カエルは出てくるわ、カッパは出てくるわ。これって極道だよな?と思ったくらい、こんなにクレイジーな台本は初めてでした」とアピールした。

市原隼人
市原隼人
成海璃子
成海璃子

「疼いています」



同作は、先日開催された第68回カンヌ国際映画祭では、監督週間に正式出品。好反響に市原は「素直に嬉しい。早く皆さんに観てもらいたくて、疼いています」と嬉しそうで「三池監督あってのことで、この組の全ての部署のボルテージとバイタリティが凄かった」と手応えを明かしていた。

(左から)KAERUくん、成海璃子、市原隼人、高島礼子、三池崇史監督
(左から)KAERUくん、成海璃子、市原隼人、高島礼子、三池崇史監督

監督が絶賛も「家族に迷惑が…」



そんな市原について、三池崇史監督は「皆さんが市原隼人に抱いている印象の倍くらい先に行く男で、映画に対して真剣で誰よりも真面目。アクション・シーンでは怪我をしているのに、それをちらりとも見せずにやり通した。生まれ変わったら市原隼人になりたい」と絶賛。ところが「でも熱すぎて家族に迷惑がかかるかな…」とすぐにその願望を打ち消し、市原を笑わせていた。

同作は三池監督による、カンヌ騒然の新感覚ヴァンパイア・ムービー。半端もののヤクザ・影山(市原)がヴァンパイアとなり、配下の商店街を狙う刺客たちと死闘を繰り広げる。この日は女優の成海璃子、高島礼子、劇中に登場するキャラクター・KAERUくんも参加した。(modelpress編集部)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

Cinema List映画一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP