爪が弱ってきていると感じたら試したい5つのケア

【モデルプレス】普段から爪はキレイにしておきたいもの。上塗りで見た目はキレイになっていても、本当の爪は弱ってボロボロになってしまっていませんか?
爪が弱ってきていると感じたら試したい5つのケア(Photo by hagamera/Fotolia)【モデルプレス】
爪が弱ってきていると感じたら試したい5つのケア(Photo by hagamera/Fotolia)【モデルプレス】
特にジェルネイルの場合には、ほぼ毎回爪を削るところから始まります。キレイなネイルを保つために定期的にネイリストにかかっている女子の場合、自分の爪の成長よりも速いスピードで削られていってしまっている可能性が高いのです。爪が薄くなり過ぎると、ジェルネイルそのものができなくなってしまうことも。

そこで、日ごろからできる弱った爪のためのケアを5つご紹介します。

1.牡蠣を食べる



爪を作る成分の代表選手はタンパク質。いろいろな食材にタンパク質が入っていますが、牡蠣には特にとびきり良質で多種類なタンパク質が含まれているのです。さらに、各種ビタミン・ミネラルも豊富。特に亜鉛やグリコーゲン、カルシウムなどが爪の強化を助けてくれますよ。美味しく食べて、爪が強くキレイになるとしたら一粒で二度美味しいですね。牡蠣は、塩水につけてよく洗い、新鮮な生食用以外は必ずしっかりと火を通していただきましょう。

2.パイナップルジュースを飲む



なぜ?との疑問が湧いてきそうですが、パイナップルは体内の湿度を保つ働きをもつ成分を豊富に含んでいます。そのため、爪も爪を作りだす指先部分もしっかりと潤い、爪が健康に成長しやすい環境を作る手助けとなるのです。直接爪に働きかけるわけではないので、遠回りな気もしますが、実は長い目でみると根本的な解決にもつながるということ。毎朝1杯のフレッシュパイナップルジュースを習慣にしたいですね。

3.塩水に浸す



続いては、爪の外側からのケアです。実はとても身近な存在である塩が、爪を清潔にして活力をプラスしてくれますよ。まず小さなボウルに塩水を作ります。ぬるま湯なら尚いいでしょう。そこに指先を浸すだけ。ミネラル入りの岩塩などピュアソルトを使うと効果がさらにアップしますよ。

4.レモンパックをする



レモンも爪を元気に早く成長させるといわれています。でも、顔のパックには使っても爪パックに使うという噂はあまり聞きませんね。塩水のようにレモン水を作って指を浸してもいいのですが、もっとじっくりとしみこませるためにはパックのほうがおすすめ。レモンの絞り汁をお湯で少し薄めたら、脱脂綿かガーゼにしみ込ませて爪の先をくるむようにして数分から10分程度待ちましょう。傷みがちな指先のケアにもなりますが、既にささくれてしみそうな場合には、傷口にワセリンなどのローションを塗ってからパックするとしみるのを防げます。

意外と見られているのが爪/Photo by Robert Bejil Productions
意外と見られているのが爪/Photo by Robert Bejil Productions

5.爪を保護できるネイル法に変える



最近はジェルネイルにも爪保護成分の入ったものや、ジェルネイルなどを施す前にできる爪ケアなども、ネイルサロンで選べます。多少価格は高くなってしまいますが、爪は大事な体の一部。多少の出費でキレイさと健康の両方が守れるのならためらっている場合ではないかもしれません。また、市販の爪保護クリームやワセリンなどをつかったマッサージでも血行が促進されて爪の成長を助けてくれます。

いかがでしたでしょうか?

爪は24時間厚化粧状態です。顔と違って夜には取り去ってスッピンに、というわけにもいきません。一番いいのはジェルネイルを剥がしたら、数日から数週間スッピンの爪をケアすることなのですが、スッピン爪はスッピン顔と同じくらい恥ずかしいと感じる女子もいます。日ごろからコツコツとケアするほかに、週末や長期休暇の一部を使って根本的なケアも行って、爪が絶体絶命の危機に陥らないようにしたいですね。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

Beauty List美容一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP