「七草粥」が持つ7つの美容・健康効果

【モデルプレス】昔から1月7日に無病息災を願って食べる習慣がある、七草粥。
「七草粥」が持つ7つの美容・健康効果(Photo by Grekov's/shutterstock)【モデルプレス】
「七草粥」が持つ7つの美容・健康効果(Photo by Grekov's/shutterstock)【モデルプレス】
野に自生し、新しい年に芽吹く若菜を食べることは、野菜不足を補うと同時にお正月のごちそうで疲れた胃腸を休めるのに最適。実は健康だけではなく、女性に嬉しい美容効果もあるそう。そんな七草粥の健康・美容効果をそれぞれの食材とともにご紹介します。

七草を取り入れてキレイに/Photo by y_katsuuu
七草を取り入れてキレイに/Photo by y_katsuuu

1.せり



数少ない日本原産の緑黄色野菜。精気を養い血脈を整え、保温効果や高血圧予防に優れています。冷え性気味の方にはぴったりですね。

2.なずな



別名ぺんぺん草と呼ばれるなずな。カルシウムやカロテンが豊富で風邪の予防に優れています。外出が多いお正月で風邪が移ったかも、と感じる人は多めに取り入れてみましょう。

3.ごぎょう



母子草の別名でキク科の二年草。咳・痰に効き、咳止め効果があるそう。咳に悩んでいる人は積極的に食べましょう。

4.はこべら



昔から腹痛薬とされ、産後の浄血にも用いられています。利尿作用もあるそうなので、お正月の不摂生でむくみ気味の方にはうってつけ。

5.ほとけのざ



キク科の二年草。胃腸やむくみに効果的なんだそう。また、解熱効果もあるそうなので、熱っぽいと感じている方は、無理にならない程度に食べてみてください。

6.すずな



すずなは蕪のことで、葉はカロテンやビタミンCが多く貧血予防、シミ&そばかす予防に効果的。リラックス効果もあり、腹痛薬としても使われているそう。お正月で食べ過ぎた胃腸を労ってあげましょう。

7.すずしろ



すずしろは大根のことで、すずなと同じく葉はカロテンやビタミンCが豊富な緑黄色野菜。風邪予防や美肌効果に加え、ひび&あかぎれ予防に優れています。手や足の裏が乾燥している人は、たくさん食べておきましょう。

いかがでしたか。

たくさんの健康・美容効果がある上、おかゆ自体が胃にやさしく、カロリーも低いことから、年末年始の食べ過ぎをリセットするためにももってこい。最近では七草全てを用意しなくても、セットになってスーパーなどでも発売されているので、是非七草粥で健康とキレイを手に入れましょう。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

Beauty List美容一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP